ノイズキャンセリングヘッドホンならこれで決まり?SONY WH-CH700N

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

周りの雑音をある程度消して音楽などを集中して聞きたいならSONY WH-CH700Nをおすすめします。

SONY WH-CH700Nのノイズキャンセリング機能はあまり強くないと言われていますが、あくまで音楽などを聞きやすくする為のものです。

完全に雑音が消える訳ではないので、過度に期待してはいけませんよ。

最大35時間のバッテリー持ち

SONY WH-CH700Nの場合、最大35時間のバッテリー持ちです。

1日1時間程度の使用だと、1ヶ月は充電しなくて済みますね。

とても便利です。また10分の充電で60分使える機能も搭載。

万が一バッテリーが無くっても安心です。

ただ、SONY WH-CH700Nの充電は約7時間もかかってしまいます(笑)。

これはかなり辛いかと思いますね。

マルチペアリングに対応

SONY WH-CH700Nは、8台までの機器とペアリング出来るマルチペアリングに対応。

初回のみペアリングしておけば、2回目からBluetooth接続が簡単になります。

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載

上で書いたように、雑音を完全にシャットアウトする訳ではありません。

あくまで、音楽などを聞きやすくする為のものです。

SONY WH-CH700Nの場合、周囲の雑音を分析し、最適なキャンセリングモードを自動で選択される機能を搭載しています。

なお、ノイズキャンセル機能のONとOFFを比べた場合、大きな変化はないようです。

ただ、この辺は1度お店で試した方が良いですね。

感想は人によって異なりますので。価格が高いだけに、試聴しないで買うのはNG。

個人的には、試聴が出来ないなら買わない方が良いと思っています。

ワイヤレス

SONY WH-CH700Nはワイヤレスです。ケーブルが無いのでケーブルを引っ掛ける心配はありません。

僕は、ワイヤレスイヤホンであるSONY WH-CH400を使用していますが、ケーブルが無いので便利ですよ。

ケーブルは邪魔ですからね。

重さは約240g

SONY WH-CH700Nの重さは約240gとなっていて、そこそこの重みがあります。

長時間装着していると疲れるかも知れないですね。

まとめ

SONY WH-CH700Nはノイズキャンセリング機能が魅力的。

全ての音を消すことは出来ませんが、ノイズキャンセリング機能のない物よりは断然良いかと思います。

ただ、価格が少々高いです。上でも書いたように、購入前はきちんと試聴し、問題ないか確認しましょう。