持ち運びは厳しい・・・据え置きで使うのをおすすめ。ロジクール K480

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

今日はロジクール K480をご紹介したいと思います。

ダイヤルで簡単に接続する端末を切り替え

ロジクール K480の目玉はこれです。ダイヤルを回すだけで接続する端末を切り替えることが出来ます。

例えば、以下のように登録したとします。

  1. iPhone
  2. iPad
  3. Mac

iPhoneでロジクール K480を使っている時、2のiPadでロジクール K480を使う時はダイヤルを2に合わすだけでOK。

とてもお手軽ですね。複数の端末でロジクール K480を使いたい時に役に立ちます。

ロジクール K480で使える端末はWindowsやMac、iPhoneやiPadなどとなっています。

重さは815g!重い・・・

ロジクール K480の重さは815gとなっています。

ハッキリ言って持ち運びには適していません。

据え置きで使うことになるでしょう。

どうしても持ち運びをしたいなら、ロジクール K380をおすすめします。

電池持ちは最大2年

ロジクール K480はバッテリーではなく電池で駆動します。

電池持ちは最大2年!電池切れの心配をしなくて良いでしょう。

万が一電池が切れてもコンビニなどで調達出来るのが良い点ですね。

スタンド内蔵

ロジクール K480にはスタンドが内蔵されていて、端末を立て掛けることが出来ます。

大概の端末を立て掛ける事が出来ますが、大型液晶の端末だと立て掛ける事はできません。

僕はロジクール K480を持っていますが、12.9インチiPad Proを横向きで立て掛ける事は出来ませんでした。

打ち心地はあまり良くない・・・

ロジクール K480の打ち心地はあまり良くありません。

キーの押し込みが固いのです。キーの間隔は問題ないのですが・・・

個人的にロジクール K480の打ち心地は良くないかと思っています。

まとめ

ロジクール K480はコスパの高いBluetoothキーボードですが、やや打ちにくいのが難点。

ダイヤルで端末を切り替えたりスタンドが内蔵されている点は便利なんですが・・・。

個人的には店頭で試し打ちされる事をおすすめします。

まずは、チェックしてから店頭に出向くと良いかと思います。