最大2年間の電池持ち!低価格でおすすめのロジクール K380

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

今日は、ロジクール K380の紹介をしますね。

ロジクール K380はBluetoothキーボードなんですが、iPhoneやiPadなどで使えます。もちろんWindowsやMacでも使えます。

最大2年の電池持ち

ロジクール K380はバッテリー式ではなく電池で駆動します。

電池持ちは最大2年!電池切れの心配をしなくて良いです。

万が一電池が無くなってもコンビニなどで簡単に調達出来ますので安心です。

最大3台まで登録可能

ロジクール K380の左上には黄色いボタンがあります。

この黄色いボタンには「1、2、3」と印字されていて、番号ごとに端末を登録する事が出来ます。

例えば、以下のように登録したとします。

  1. iPhone
  2. iPad
  3. Mac

で、1番のiPhoneでロジクール K380を使っていて、2番のiPadで使いたい場合、ロジクール K380の「2」を押すだけで簡単に切り替え。

とても便利ですね。登録をしておけば、番号を押すだけで切り替えできます。

重さは約423gとそこそこの重さ

ロジクール K380の重さは約423gとなります。

折りたたみも出来ない為、少しかさばって重いと感じるかも。

店頭でサイズと重さを確認した方が良さそうです。

キーにクセがあるが・・・

ロジクール K380のキーは丸くなっています。

賛否両論ありそうですが、人によっては文字打ちがしにくいと感じる場合も。

キーボードは長く使うものですから、出来れば店頭で試し打ちされることをおすすめします。

低価格なのが素晴らしい

ロジクール K380は低価格なBluetoothキーボードとなっていて、買いやすいキーボードになっています。

それに、有名なロジクール製ですので安心して使うことが出来るでしょう。

チャタリングは?

Bluetoothキーボードの場合、チャタリングが発生する可能性があります。

チャタリングとは、キーを1回押しただけなのに、「あああああああ・・・」と連続で勝手に入力されてしまうことです。

安価なBluetoothキーボードほどチャタリングが発生する率が高いと思っています。

ロジクール K380は、上でも書いたように有名なロジクール製ですし、過度の心配は無用かも知れません。

打鍵音は?

実は、過去にロジクール K380を使った事があるのですが、打鍵音は静かでした。

騒ついたカフェやマクドナルド、イートインやフードコートなどで使うと全然気にならないでしょう。

ただ、静かな図書館では気を使うかも。

でも、キーボードで無音を求めるのはNGですし、そのような物は売っていないと思っています。

静音キーボードはありますが、完全に音が無くなる訳ではないですからね。

まとめ

AnkerのBluetoothキーボードがあって、ロジクール K380よりは価格が安いです。

実は、過去にAnkerのBluetoothキーボードを使ったことがあるのですが、文字を打っても遅延が発生することがありました。

しかし、ロジクール K380の場合はそのような事はないですし、個人的にはロジクール K380がおすすめです。

という感じで、ロジクール K380が気になる方はチェックして下さいね。