SONY、SRS-XB01を発売開始。コンパクトなBluetoothスピーカーで手のひらサイズの重低音モデル

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

SONYがSRS-XB01の販売を開始しています。

手のひらサイズで重低音

SRS-XB01は直径約37.5mm口径のフルレンジスピーカーユニットを搭載。迫力の重低音となっています。

また、本体背面に低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を搭載。低音域が強調されています。

低音が好きな方は満足出来そうです。ただ、音の感じ方は人によって異なる為、可能であれば試聴した方が良いでしょう。

IPX5相当の防水性能

SRS-XB01は、IPX5相当の防水性能となっていて、お風呂やキッチン、アウトドアなどで水しぶきを気にすることなく使用することが出来ます。

ただ、水没すると壊れますので注意が必要です。

SRS-XB01単体で音楽の操作が出来る

SRS-XB01本体にはボタンが内蔵されていて、再生・停止・曲送り、曲の頭出しが可能となっています。

スマホを使うことなく音楽の操作が出来ますので便利です。

最大6時間の連続使用

SRS-XB01は最大6時間のバッテリー持ちとなっています。

コンパクトサイズながら長時間の使用が可能となっています。

1日1時間の使用で約1週間持ちますのでバッテリー充電の手間が省けます。

ただ、1日中SRS-XB01を使うと直ぐに電池が切れて充電する必要があります。

個人的にはガッツリと使うのではなく、料理やお風呂など短時間で終わる事に関してSRS-XB01が適しているのではないかと思っています。

本体は約160gと軽量

SRS-XB01の重さは約160gとなっていて持ち運びに適したBluetoothスピーカーとなっています。

サイズもコンパクトな為、カバンに入れても邪魔と感じることはないでしょう。

6つのカラーバリエーション

SRS-XB01は6つのカラーバリエーションとなっています。

  • ブラック
  • ブルー
  • グリーン
  • レッド
  • ホワイト
  • イエロー

カラーにこだわる方に嬉しいカラーバリエーションとなっています。

ただ、ホワイトに関してはどちらかと言うとシルバーに近い感じとなっています。

AmazonなどでSRS-XB01が販売されていますが、個人的にはお店に行って実際の色を確認してから購入される事をおすすめします。

まとめ

家でも外でも活躍しそうなSRS-XB01。何か1つBluetoothスピーカーが欲しい方におすすめです。

僕は実際に店舗でみたのですが、かなりコンパクトです。

ちょっとした空きスペースでもSRS-XB01を置く事が出来そうです。

なお、上記の情報は執筆時点のものです。最新の情報はSONY公式サイトをご覧下さい。