Lenovo、Yoga Book C930を発表。2in1タブレットで10.8型IPS液晶、E-inkディスプレイを搭載

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

Lenovoが、2in1スタイルのノートパソコン「Yoga Book C930」を発表しています。

E-inkディスプレイを搭載

Yoga Book C930はデュアルディスプレイで10.8型液晶ディスプレイを搭載し、多機能E-inkディスプレイも搭載しています。

E-inkディスプレイでは、スケッチやメモを取る事などが可能で、キーボードにもなります。

キーボードでは、タイピング時のフィードバックを強化していて、キーを押した時のバイブレーションや音、アニメーションにより物理キーボードを押しているような機能が搭載されています。

ただ、日頃から物理キーボードを使っている方は、違和感を感じるかも知れません。

よって、Yoga Book C930を購入する前に試し打ちをされる事をおすすめします。

775gの重さで持ち運びが簡単

Yoga Book C930は約9.9mmの厚さとなっていて、重さは775g(Wi-Fi)しかありません。持ち運びに便利なものとなっています。

サイズもコンパクトになっていますので、カバンに入れても邪魔だと感じる事は少なそうです。

ただ、傷が気になるかと思いますので、ケースに入れると良いでしょう。

最大11時間のバッテリー持ち

Yoga Book C930のバッテリー持ちは最大11時間となっていて、長寿命バッテリーを搭載しています。

1日1時間の使用で約11日使用可能となっている為、バッテリー残量をあまり気にせず使う事が出来ます。

メモリは4GB

Yoga Book C930のメモリは4GBとなっていて、若干控えめのメモリ容量となっています。

ネットやSNSだと問題ないかと思いますが、ゲームなど負荷のかかる事であればパワー不足を感じるかもしれません。

ストレージは128GBと256GB

Yoga Book C930のストレージは128GB、256GBとなっていて大容量ストレージを搭載しています。

データを多く保存される方は256GBのモデルを買うと良さそうです。

Officeはなし

Yoga Book C930にはOfficeが搭載されていませんので、別途用意する必要があります。

仕事でYoga Book C930を使う予定にしている方は注意して下さい。

Yoga Book C930の価格

Yoga Book C930の価格は直販モデルで134,784円〜となっています。

先日Appleが発表したMacBook Airとほぼ同等の価格となっています。

まとめ

Yoga Book C930は便利に使える2in1タブレット。遊びはもちろん仕事でも活躍しそうです。

なお、上記の情報は執筆時点のものです。最新の情報は公式サイトをご覧下さい。