Apple、11インチと12.9インチの新型iPad Proを発表。極狭ベゼルを採用しFace IDやUSB-Cを搭載

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

Appleが新型iPad Proを発表しました。

新型iPad Proでは、11インチと12.9インチのモデルがあり、ほぼベゼルレスの極狭ベゼルが採用されています。

Face IDを搭載

新型iPad ProではFace IDが搭載され、縦向きに持っても横向きで持ってもロックを解除出来る仕組みとなっています。

A12X Bionicを搭載

新型iPad ProではA12X Bionicが搭載され、ノートパソコンよりも高速処理が出来るようになっています。

USB-Cを採用

新型iPad Proではライトニングは廃止されUSB-Cが採用されています。

ストレージ容量

11インチiPad Proと12.9インチiPad Proの容量は64GB /256GB /512GB /1TBとなっています。

重量

11インチiPad Proの場合、Wi-Fi、Wi-Fi + Cellularモデルとも468gとなります。

12.9インチiPad Proの場合、Wi-Fiで631g、Wi-Fi + Cellularモデルの場合は633gとなります。

メモリ

今のところ、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Proとも明らかになっていません。

個人的には最低でも4GBは積んでいると予想しています。

この辺りは、今後の情報で分かってくるかと思います。

【2018/10/31追記】

1TBモデルのみ6GBのメモリが搭載されているのではないかと予想されています。その他のストレージモデルに関しては4GBの可能性が高いとのことです。

まとめ

今回執筆した内容は、執筆時点となります。詳しい情報はApple公式サイトご覧下さい。