【レビュー】ロジクール iK1200を12.9インチiPad Pro(初代)で3日使ってみた感想

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

ロジクール iK1200を12.9インチiPad Pro(初代)で3日使ってみたのでレビューしたいと思います。

ロジクール iK1200の「returnキー」を押すと「ピッ」と音が鳴る時がある

毎回ではないのですが、returnキーを押すと「ピッ」と音が鳴る時があります。

キーを押す場所によって音が鳴ったり鳴らなかったり。僕の感じ、returnキーの左端を押すと異音が発生するような感じです。

どうにかして治しましたが、また異音がするのではないかと不安です。

ロジクール iK1200の押し心地は良好

押し心地は良好です。MacBook Airみたいな押し心地です。

ただ、ロジクール iK1200を使う前はソフトウェアキーボードを使っていたのですが、ソフトウェアキーボードはキーに触れるだけで文字入力されますので、「キーを押す」というのが面倒に思う事も。

まぁ、総合的に考えるとロジクール iK1200の方が文字打ちがしやすいので、このまま使いますが。

ロジクール iK1200はキーの間隔が広いので打ちやすい

キーの間隔が広いので窮屈感がありません。とても打ちやすいです。文字打ちが捗ります。

上で書いたように、ソフトウェアキーボードを使っていましたが、ソフトウェアキーボードよりキーの間隔が広いので使い勝手は良好です。

ロジクール iK1200のファンクションキーが使いやすい

音楽の再生や停止、ホーム画面に戻る、画面をロック出来るなどファンクションキーがあるので便利です。

Smart Keyboardにはない機能です。

ロジクール iK1200を12.9インチiPad Proに装備すると重くなる

ロジクール iK1200は725g、12.9インチiPad Proは713g(Wi-Fi)もあります。

2つ合わせると約1.5kg。持ち運びがしんどいですが、僕は頑張って持ち運びします。

ロジクール iK1200は遅延が発生しないしチャタリングも発生しない

質の悪いBluetoothキーボードだと遅延やチャタリングが発生しますが、ロジクール iK1200の場合、そういったことは無いです。

スマートコネクタで接続するので、そのような事は起きないのだと思います。

また、キーを押しても認識されない事もないですし使い勝手は良好です。

まとめ

ロジクール iK1200はキーボードとしてはかなり高額な物になりますが、買って良かったと思っています。

ただ、「ピッ」という異音が無ければ満足なのですが・・・

まぁ、使用上何の問題もないので、気にせず使っていきたいと思います。