【レビュー】オーディオテクニカ ATH-AR3BT。長時間リスニングが可能なBluetoothヘッドホン

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

ロジクール iK1200で快適なタイピングが出来て満足している僕です。

あまり気に入っていませんが、徐々に手に馴染んできて良い感じに仕上がりました。

さて、今日は妹からオーディオテクニカのATH-AR3BTを借りる事が出来ましたので簡単にレビューしたいと思います。

ボタン部は左のハウジングに集約されています

ただ、電源ボタンだけは右のハウジングになっています。

間違って電源をONにしてしまった、あるいはOFFにしてしまったって事はないですね。

柔らかい素材のスポンジです。

コンパクトに折りたたむ事が出来ます。持ち運びが楽ですね。

ATH-AR3BTの音質

聞いた感じ、オーディオテクニカATH-S100より劣っていると感じました。

全体的にこもった感じですね。

Bluetoothヘッドホンの宿命というべき点ですが、

「ちょっとこれはなぁ・・・」

という感じで思っています。

少なくともATH-S100の方が音質が良いと感じました。

ATH-AR3BTはBluetoothだからケーブルの煩わしさがない

ATH-AR3BTの場合、Bluetoothなのでケーブルが無いです。

なので、ケーブルの煩わしさから解放されます。

それだけに音質がこもるのは残念ですね・・・

ATH-AR3BTの装着感

ATH-AR3BTの重さは190gとなっているようで、とても軽いです。長時間装着していても疲れにくいかと思います。

なお、購入したばかりではないので、良い感じに広がって耳が痛くなる事はないです。

新品だとこうはならない可能性があります。

ATH-AR3BTの総合評価

それではATH-AR3BTを5段階で評価したいと思います。

装着性 ★★★★★
音質 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★