【12.9インチiPad Pro】ソフトウェアキーボードの無音に挑戦中

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

12.9インチiPad Proには、ソフトウェアキーボードがあります。打鍵感の無い最悪なキーボードです。

しかし、僕は1ヶ月ほどの練習に耐え、とりあえず仕事で使えるレベルにはなりました。

今は、ソフトウェアキーボード以外あり得ない・・・とは思ってません。先日Amazonでロジクール IK1200をポチりましたから。

ただ、これはやめておいた方が良かったって話です(笑)。ソフトウェアキーボードで完全に問題ないんで。

あーあ、、、

「無駄使いしたなw」

まぁ、前から欲しかったものだし、届いたら取り敢えず使いますけどね。

どうやら、iOS9の時代に文字入力に遅延が発生していたの事。

「iOS12はどうやねん?!」

と思って調べましたが、情報は無かったです。これは一発勝負だね(笑)

まぁ、無理だったら仕方がない。ロジクール に問い合わせて返品させてもらおう。

無音キーボードに挑戦

ソフトウェアキーボードの場合、キーを押すと音が鳴ります。音を出した方が打ちやすくなるのですが、カフェやマクドナルド、イートインやフードコートなど騒ついた場所で使うと音が聞こえなくなる恐れがあります。

なので、無音に挑戦だという事で現在挑戦しています。

今のところちゃんと打ててます。というか全く問題ないです。

図書館で遠慮なく使える

図書館は静かです。僕の町の図書館はPCスペースがあるのですが、そこで本を読んでいる方がいます。

「ここはPCスペースだ。そんなところで本を読むからいけないだ!」

って思ってドヤ顔しても良いのですが、僕にそんな勇気はなく(笑)。

なので、無音のソフトウェアキーボードであれば音が鳴らないし良いかと思っています。

タブレットを弄っているようにしか見えない?

上で書いたカフェやマクドナルド、イートインやフードコートなど人がたくさん集まる場所でPCを使うと目立ちます。

ですが、12.9インチiPad Pro単体であればPCに比べて目立ちにくいかと思います。まぁ、目立ちたくないならそんな場所に行くなという感じですが、たまには外に出て仕事がしたいじゃないですか~

ソフトウェアキーボードは神認定!?

個人的には神認定です。便利な予測変換がありますし、何ら問題ないです。あー、、、

「ロジクール IK1200買わなきゃ良かったなぁw」

ただ、ソフトウェアキーボードは長い期間練習を積まないといけません。

大概の人は数日で根を上げるかと思います。

僕の場合、2週間でブラインドタッチが出来るようになり、1ヶ月で打ち間違いが減りました。

しかし、それは音を出していた状態。今は無音なので、また1から練習のし直しかって思っています。

なお、いきなり無音で練習してはいけません。音が無いと本当に打ちにくいですから・・・

まとめ

図書館で遠慮なく使えるようになるまで練習を積みます。頑張るぞ!