【レビュー】タニタのキッチンタイマー「TD-384」を3日使ってみた感想

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

僕は12.9インチiPad Proでブログを書いているのですが、最近、ロジクール IK1200を買いました。

まだ届いていませんが楽しみです。ロジクール IK1200が届くまではロジクール K480を使うことにしています。

さて、今日はタニタのキッチンタイマー「TD-384」を3日使ったのでレビューしたいと思います。

TD-384はボタンが大きいので押しやすい

1円玉に迫る勢いのボタンの大きさ。大きくて押しやすいです。

TD-384は画面がデカイ

画面がデカイので見やすいです。一目で時間を確認する事が出来ます。

TD-384はポモドーロテクニックで十分使える

僕の場合、TD-384は料理で使う訳ではありません。僕の場合はポモドーロテクニックで使います。

ポモドーロテクニックとは25分作業したら5分休むの繰り返し。その都度タイマーを合わせるのは面倒なので、作業用と休憩用で分けています。なので、2つ持っている事になります。

タイマーを合わせる事なく使えますので、便利良く使う事が出来ています。

TD-384はスタンドが便利

TD-384にはスタンドが備わっています。立て掛けることが出来るので、数字が見やすいです。

ちなみに寝かした状態でも使えます。寝かした状態でも数字が見やすいですよ。

TD-384は高い音が鳴る

僕的にはもう少し小さい音が良いのですが・・・時間が来ると凄い大きな音が鳴ります。

まとめ

キッチンタイマーとしては中々高いですが、満足度が高いです。買って良かったと思います。

料理はもちろん、ポモドーロテクニックでTD-384は高いパフォーマンスを発揮します。

TD-384が気になる方はチェックして下さいね。