12.9インチiPad ProでBluetoothキーボードやSmart Keyboardを使うくらいなら素直にパソコン使えば?!

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

僕は、BluetoothキーボードやSmart Keyboardを使いませんよ。僕の場合は、ソフトウェアキーボードやATOKを使います。

BluetoothキーボードやSmart Keyboard(笑)

動画やネット、お絵描き、電子書籍メインで使う方はBluetoothキーボードやSmart Keyboardなんて要らないって(笑)。

頻繁に文字打ちする機会があるなら、BluetoothキーボードやSmart Keyboardを使うはアリですが、持ち運びウザイですよ(笑)。

僕の場合は、ソフトウェアキーボード(画面に表示されるキーボード)、もしくはATOKを使います。ATOKは特におすすめですよ。12.9インチiPad Proでは出来ないフリック入力が出来ますからね。

一応、Bluetoothキーボードは持っています。ロジクール K480ですけどね。全然気に入ってないので使わないですね(笑)。

どうしても使わないといけないシーンで使う事にしています。

12.9インチiPad Proはタブレット以上パソコン未満

12.9インチiPad ProでBluetoothキーボードやSmart Keyboardを使うとなんちゃってパソコンになり、タブレットの領域を超えますがパソコンの領域に入る事は出来ません。

まぁ、パソコンの領域超えている場合もありますが。僕の場合だったら、仕事をする事ですかねぇ。

メインはiPhone7で仕事をしますが、サブで12.9インチiPad Proで仕事をします。

僕の仕事はブログを書くこと。これだけの用途であれば、パソコンの領域を超えます。

理由は、仕事を快適に出来るアプリを揃えているからです。

パソコンでも用意出来なくはないですが、12.9インチiPad Proの方が簡単にアプリを揃える事が出来るかと思います。

よって12.9インチiPad Proの使い道によってはパソコンの領域を超える事が出来る訳ですね。

まとめ

文字打ちメインはBluetoothキーボードやSmart Keyboard、ソフトウェアキーボードやATOKを使うと良いでしょう。

僕の場合は圧倒的にソフトウェアキーボードやATOK。慣れるとBluetoothキーボードやSmart Keyboardなんて要らなくなります。

ATOKは有料ですが、ソフトウェアキーボードは12.9インチiPad Proにはじめから備わっている機能です。

なので、まずソフトウェアキーボードで練習してみて、ダメならBluetoothキーボードにするかSmart KeyboardにするかATOKにするかを考えれば良いでしょう。