12.9インチiPad Proでおすすめのキーボードはソフトウェアキーボードである理由

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

12.9インチiPad Proでは様々なキーボードを使ってきました。

エレコムのBluetoothキーボード。低価格ながら素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれましたが、急に熱が冷めて使うのはやめました。

Apple純正キーボード。薄くて軽くてオシャレですが、打鍵感が気に入らないので使用中止。

使い始めて数時間後に異音発生。文字を打つと遅延が発生。使用中止。

打鍵感が気に入らない。あとキーの形状が丸いので打ちにくい。使用中止。

ロジクール K380同様キーが丸いので打ちにくい。唯一我が家にあるキーボード。iPhoneで使用中。

折りたたみ出来るタイプ。キーの押し込みが固いのと、端のキーを押すとたわむ。使用中止。

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A
アップル (2017-06-06)
売り上げランキング: 2,979

1年足らずで故障。1番長く使っていた。価格の割に寿命が短いと感じた。

今、12.9インチiPad Proで使っているキーボード

僕が使っているキーボードはソフトウェアキーボードです。画面に出てくるキーボードです。

このキーボード、12.9インチiPad Proに搭載されているもので、追加でお金を出す必要がありません。

搭載されているのだから、使わないともったいない・・・

なので、ソフトウェアキーボードを使っているのです。

ただ、まともに打てるようになるまでかなり時間がかかります。

僕の場合、1ヶ月ほどでマスターしましたが・・・

今でも打ち間違いはしますが、はじめに比べたら激減しています。

キーボード代を浮かしたい方は、ソフトウェアキーボードの使用をおすすめします。

ATOKを使う手もある

12.9インチiPad Proではフリック入力が出来ないのですが、ATOKを使う事によりフリック入力が使えます。

フリック入力に慣れ親しんでいる方はATOKを使ってみても良いかもしれませんが、価格が高いのが難点です。 購入は慎重に。

まとめ

12.9インチiPad Proのソフトウェアキーボードは、キーボードにお金をかけたくない方におすすめ。

慣れるまで時間がかかりますが、慣れると問題ないです。

ただ、上でも書いたように慣れるまで時間がかかりますが・・・

根気のあるか方は挑戦して下さいね。