iPadでBluetoothキーボードを使う時、ATOKは使えない?

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

iPadでBluetoothキーボードを使う時、ATOKは使えないって知ってました?

これは、仕様なのでどうすることも出来ません。

どうしてもATOKが使いたい場合、ATOKを購入して画面に出てくるキーボードを使う必要があります。

僕はそうしています。

ATOKの場合、フリック入力はもちろん、キーボードスタイルでも使えます。

ただ、iPad Pro 12.9インチでキーボードスタイルにした時、両端が空白になります。

こんな仕様・・・なんでそうしているのか教えて貰って良いですかね?

事実上、iPad Pro 12.9インチでATOKを使う時は、フリック入力のスタイルでしか使えないでしょう。

まぁ、慣れたら問題ないでしょうが。僕は、フリック入力が好きなのでキーボードスタイルは使わないですけどね。

ATOKの良いところ

ATOKは漢字変換能力が優秀だと言われていますが、個人的にはあまり思いませんね。

iPad純正のキーボードでもかなり優秀ですので。

まぁ、僕はiPhoneでもATOKを使っていますが。

個人的には、ATOKの良いところはあまり感じませんが、唯一挙げるとすれば、フリック入力の際、キーの滑りが良いことくらいですね。

iPhone標準のキーボードの場合、キーに引っかかり感がありますが、ATOKは軽いです。

この点がATOKの良いところだと思います。

ATOKの悪いところ

上で書きましたが、iPad Pro 12.9インチでATOKを使う時、キーボードスタイルにすると両端に空白が出来る点です。

全画面表示ならキーボードスタイルでも使うのですが。

ATOKは高額アプリです。なので、iPad Pro 12.9インチでキーボードスタイルにした時、全画面表示してほしいですね。

まとめ

iPadでBluetoothキーボードを使っている時、ATOKは使えません・・・

Appleが方針変更しないと使えません。なので、それまでは画面に表示されるATOKのキーボードで頑張るしかないですね。

どうしてもATOKが使いたい方は、アプリの購入を考えて下さい。