フリック入力に慣れているならATOKを使えば良いじゃない!

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

iPhoneで仕事をしていますが、バッテリー消費が激しい・・・

また、使い始めてもうすぐ2年が経つので経年劣化が心配。

なので、iPhoneで仕事をするのはやめました。iPhoneを使う時はノマドの時のみにしよう。

iPhoneでロジクール K480を使えば快適だったのに残念(笑)

いや、今でも迷っています。本当はiPhoneで仕事がしたい・・・

でも、iPhoneが壊れると厄介なので、涙を飲んでiPad Proで仕事することにします。

iPad Proで仕事することにした

iPad Proを持っています。こちらももうすぐ2年が経過します。今のところ大きな不具合はありません。

で、僕の場合、ソフトウェアキーボードを使うのですが、打ち間違いが多い・・・

以前はソフトウェアキーボードを気に入って使っていましたが、今は気に入らない(笑)

なので、再びiPhoneで仕事をしようと思いましたが、気が付きました。

「フリック入力を使えば良いじゃない!」

iPad Proではフリック入力が使えませんが、ATOKを使えばフリック入力が出来ます。

フリック入力は慣れています。ブライドフリックと両手フリックが出来ます。

なので、慣れ親しんだフリック入力を使えば良いじゃないかという結論に達しました。

作戦成功!

今、iPad Proのソフトウェアキーボードでこれを書いています。

キーボードには負けますが、正確性はフリック入力の圧勝。総合的に考えるとフリック入力の勝ちです。

iPad ProでATOKを使う作戦は見事に成功しました!

キーボードはいらないかな?

iPad Proで使うキーボードはたくさんありますが、僕は以下のキーボードを使いたいと思っています。

かなりの価格なのでためらっています。試し打ちがしたいところ。でも、近所のお店には置いていません。

なので、一発勝負で買わないといけないのです。リスクが高い(笑)

本当はSmart Keyboardが欲しいのですが、こちらも高くて買えない。

誰か僕に買ってw

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A
アップル (2017-06-06)
売り上げランキング: 2,979

ATOKで十分やんと

ATOKはショートカットキーボードキーが使えませんが大きな問題はありません。

カットやコピー、ペーストはショートカットキーを使わなくても出来ますからね。

アプリの切り替えは画面タッチで可能。快適です。

ATOKで十分やんと。

ATOKは高額アプリなので使わないともったいない・・・

このスタイルが気に入った!

iPad Proで仕事する時は、ATOKを使うことにします。ATOKを使えばどこまでも文字打ち出来そうな予感?

かなり快適であります。ソフトウェアキーボードの100倍くらい快適かなと。

ソフトウェアキーボードは2度と使わないと思います。

画面がデカイって良いことね

僕のiPad Proは12.9インチあります。なのでかなりデカイ液晶画面となっています。

画面が広いと何かと便利。

ただ、ATOKを使うと画面半分がキーボードの領域となります。

なので、かなりもったいない使い方になりますが、それでも画面がデカイのであまり問題になりません。

まとめ

実はキーボードを買う寸前まで行きました(笑)

しかし、ATOKを使えば良いやんと気が付きました。

キーボードを買わなくて良かったです!

今後、iPad Proで仕事する時はATOKを使いたいと思います。