iPad Proで仕事は出来ない!キーボードを買うまではiPhoneで仕事だ!

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

過去記事で、iPhoneは劣化し始めているので最低限しか使わないと書きました。

しかし、iPad Proのソフトウェアキーボードを使っていると固まるのです(笑)

アプリを再起動すると治るのですが、頻発します(笑)

これはもう、

「ソフトウェアキーボードは使わないでね」

という神様からのお伝え。キーボードを買うまではiPad Proはお休みしてもらおうかと。

Logicool ロジクール CREATE iPad Pro 12.9インチ(第1世代)用 キーボードケース Smart Connector(スマートコネクター)搭載 バックライト付き Ik1200

あとは、どうしてもiPad Proでないとダメって感じの時に使おうかと思っています。

iPhoneでどんどん仕事をしてくよ!

僕の場合、iPhoneで仕事する時はフリック入力を使います。

両手フリックとブラインドフリックが出来ますので快適です。

ただ、僕の場合はブラインドタッチが可能で、iPad Proのソフトウェアキーボードでもブラインドタッチが出来ます。

ソフトウェアキーボードの場合は最大10本、フリック入力は最大2本。差は歴然でソフトウェアキーボードの方が文字入力が速いです。

しかし、快適性で言えばフリック入力。フリック入力はミス打ちが少ないですから。

ソフトウェアキーボードはとにかくミス打ちが多い・・・。イライラ爆発します(笑)

ATOKが便利

僕はATOKを使っています。Bluetoothキーボードでは使えませんが、フリック入力だと使えます。

漢字変換能力が優秀で仕事が捗ります。こうでないといけません(笑)。僕は1,600円で買いましたから(笑)

もうあと少し出せば格安のBluetoothキーボードが買えます。

キーボードには慣れておらず、フリック入力に親しみがある方はATOKがおすすめです。

ATOKは買い切り(執筆時点)なので、1度買えば使い込む事が出来ます。

なのでATOKがおすすめです。

iPhoneはノマドで威力を発揮する

本日(執筆時点)、ノマドで仕事をしてみました。

iPhoneで仕事したのですが、かなり快適でした。iPhoneはノマドで威力を発揮するという事が分かりました。

ポケットからサッと取り出して、仕事開始。パソコンみたいに立ち上がるまで待つこともなし。

何より、スマホをいじってるようにしか見えないので周りの目を気にする必要はないですね。みんなスマホをいじってる訳ですし。

まとめ

僕のスマホはiPhone7。もうすぐ2年が経ちますが、バッテリーが多少劣化してるのを除けばまだまだ使えます。

ぶっちゃけiPhone Xが気になりますが価格が高いしこのまま突き進みます。

iPhone7でガンガン仕事をするぞ!