【レビュー】タニタのキッチンタイマー「TD-384」を使ってみた感想

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

タニタのキッチンタイマー「TD-384」を買ってみたのでレビューしたいと思います。

タニタのキッチンタイマー「TD-384」のレビュー

今回2つ買いました。僕の場合、料理で使うのではなく、ポモドーロテクニックで使います。

ポモドーロテクニックとは25分作業したら5分休むの繰り返し。

その度にタイマーを合わせるのは面倒…なので作業用と休憩用として2つ買ったのです。

内容物はTD-384本体と取扱説明書です。

TD-384の取扱説明書は台紙の中にあります。

表面は3つのボタンがあります。

右からスタート/ストップボタン、秒ボタン、分ボタンとなります。

裏面はマグネットがあります。また、スタンドもあります。

スタンドを立てるとこんな感じです。

TD-384の使い方

分ボタンと秒ボタンで時間をセットします。なお、分ボタン、秒ボタンをそれぞれ長押しすれば、早送りされます。

なお、時間を0に戻す時は分ボタンと秒ボタンを同時押しします。

また、時間が来てアラームがなりスタート/ストップボタンを押すと、設定した時間が表示されます。再びそのままスタート出来る訳ですね。

TD-384は画面が大きいので時間が見やすい

画面はかなり大きいです。セリアのキッチンタイマーと比べたらこんなに違います(笑)

手に持つとこんな感じです。かなり大きいのが分かるかと思います。

なお、サイズはD76×W82×H23.2mmとなります。重さは約75gあります。

思ったよりズッシリとくる重さになっています。

電源ボタンがない

TD-384の場合、単四電池1本を使います。予め本体にセットされていますが、お試し用となっているので電池が直ぐに無くなるかも・・・

よって予備の電池を持っておく必要がありますね。

なお、TD-384には電源ボタンがないようです。セリアのキッチンタイマーはあるのにねぇ〜。ここはマイナスポイントです。

なお、電池寿命は1日1回30秒鳴らした場合、約1年となります。僕の使い方であれば、1年も持たない感じだと思います。

まとめ

TD-384は思ったりよりデカいのでビックリしました(笑)

でも、時間が見やすいので良いかなと思っています。

これでポモドーロテクニックをする環境は整った。TD-384をガンガン使ってやるぞ!

タニタ でか見えタイマー100分 ホワイト TD-384-WH
タニタ(TANITA) (2005-10-01)
売り上げランキング: 84