【レビュー】iPad ProてATOKを使ってみた

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

iPad ProでATOKを使ってみました。結論から言うと無くても困らないって感じです。

高額のアプリなだけに使っていきたいですが、iPad Proでは必要ないと判断しました。

ATOKの漢字変換能力は優秀?

ATOKの漢字変換能力は優れていると定評があります。しかし、僕の場合、そうは思いません。

iPad Pro標準のものでも十分使えます。寧ろ、iPad Proの方が優秀だと思います。

特に予測変換です。ATOKでも予測変換が使えますが、精度はiPad Pro標準のものの方が優秀だと思います。

ATOKでの文字打ちはソフトウェアキーボードより速い?

ATOKはiPad Proでフリック入力が出来ます。僕は両手フリックとブラインドフリックが出来ます。

しかし、フリック入力最大2本の指しか使えません。ソフトウェアキーボードであれば最大10本の指が 使えます。

僕の場合は、ソフトウェアキーボードで文字打ちした方が捗ります。

ATOKでiPad Pro 12.9インチとの相性は?

ATOKとiPad Proの相性ですが、特に問題ないかと思います。普通に便利良く使えます。

ただ、ATOKでフリック入力をする際、キーボードは右端か左端にしか置けません。

なぜ、真ん中に置けないのか・・・

ATOKのキーボードはイケてない・・・

ATOKをキーボードスタイルにした場合、両端が空白になります。

なんでこんな仕様になっているのか?

打てなくはないですが、とてもキツイです。iPad Pro標準のソフトウェアキーボードの方が優秀です。

iPad Proで使う場合、フリック入力限定となりそうです。

なお、僕のiPad Proは12.9インチです。10.5インチのiPad Proだと画面全体にキーボードが表示されるかも知れません。

ATOKはフリック入力に馴染みのある方におすすめ

という感じで、僕の場合はフリック入力でしか使えない事が分かりました。

フリック入力はチマチマと文字打ちする必要があり、僕には向いてない・・・

なので、ATOKを使う事はないでしょう。

ATOKを使うならiPhoneで

ATOKはiPhoneで威力を発揮すると思います。僕の場合、標準のキーボードだと引っかかり感があって思うように文字打ちが出来ません。

ところが、ATOKだと滑りが良くて文字打ちが捗ります。

僕、数日間iPhoneでATOKを使ってきましたので、これを体感しております。

まとめ

ATOKのキーボードスタイルで画面全体に表示されるのであれば使うかも知れませんが、現状では使わないですね。

この先、アップデートで画面全体に表示されるようになるのでしょうか?

今後のアップデートに期待って感じですね(笑)