ロジクール K480をiPad Proで使ってみた感想

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

最近、引っ越しをしまして荷物を整理していたらロジクール K480が出てきました。

iPhoneで使ってみたんですが、相性はバッチリ。キーボードが決め手となってiPhoneで仕事をすると決意。

iPhoneで仕事をするのは初めてではありませんが、今度こそはiPhoneで仕事を続けるぞって思っているのであります。

さて、今日はiPad Proでロジクール K480を使ってみた感想です。

iPhoneでロジクール K480を使ってみた感じは以下の記事をお読み下さい。

縦置きは出来るが・・・

ロジクール K480はスタンドが内蔵されています。ここに端末を立て掛ける事が出来ます。

僕のiPad Proは12.9インチ。縦置きは出来ますが横置きが出来ません(笑)。

縦置きにした時、安定感に欠けるので実質スタンドは使えません。

これでロジクール K480の魅力は半減したのです。

相性は悪くない

iPad Proとロジクール K480を接続して高速タイピングしていますが、文字入力に遅延など発生せず快適に文字が打てます。

iPad Proとロジクール K480の相性は悪くないと思います。

ダイヤル切替が便利

僕の場合、1にiPhone、2にiPad Proを登録。iPhoneと接続したい場合は、ダイヤルを1に回し、iPad Proと接続する際は、2にダイヤルを回す。

接続も瞬時ですし便利良く使えます。

ソフトウェアキーボードの100倍楽

iPad Proではソフトウェアキーボードを使っていました。ロジクール K480で使っても良いのですが、iPad Proで使うキーボードはSmart Keyboardしか有り得ないと思っています。

なので、ロジクール K480はiPad Proで使っていませんが、レビューの為に使ってみたところ、ソフトウェアキーボードの100倍楽である事が判明しました。

やはり、物理キーボードの方が文字打ちは快適ですね!

Apple 12.9インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MNKT2J/A
アップル (2017-06-06)
売り上げランキング: 2,979

まとめ

ロジクール K480とiPad Proの相性は良いですが、12.9インチの場合、縦置き限定となります。

個人的にiPad Pro 12.9インチでロジクール K480を使うのはおすすめ出来ません。