【レビュー】ロジクール K480をiPhoneで使ってみた感想

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

最近、引っ越しをして荷物を整理していたらロジクール K480が出てきました。

我が家で唯一のBluetoothキーボード。久々に使ってみました。

ダイヤルで端末を切り替える事が出来るのは便利

ロジクール K480の左上にはダイヤルがあり、最大3台までの端末を登録する事が出来ます。

例えば、

  1. iPhone
  2. iPad Pro
  3. iPad mini

という風に登録した場合、1のiPhoneから2のiPad Proに切り替える時は、ダイヤルを2に合わせればOK。

再度ペアリングする事なく端末を切り替える事が出来ます。

スタンド内蔵で便利

ロジクール K480のキーボード上部にはスタンドがあります。別途スタンドを用意しなくてOK。

これはかなり便利だと思います。

iPhoneやiPad miniだと横向きで立て掛ける事が出来ますが、iPad Proの場合は難しいかも・・・

僕は12.9インチのiPad Proを持っていますが、横向きでは立て掛ける事は出来ません。

「英数」「かな」キーがあるのは便利

ロジクール K480は「英数」と「かな」キーがあります。

言語切替はそれらのキーを押すだけでOK。

とてもお手軽ですが、僕の場合は、それらのキーが無いキーボードに慣れていますので、無くても大丈夫です。

キーの打鍵感は好きになれない

ロジクール K480の打鍵感は好きになれません(笑)

安っぽい音でカチャカチャと音が鳴ります。打鍵音もそれなりにしますので、図書館など静かな環境であれば気を使うかも知れないです。

持ち運びはしんどい

公式サイトによると、ロジクール K480の重さは815gあります(笑)

キーボードとしては、かなり重い部類に入ります。

僕のiPad Proは713g(12.9インチ・Wi-Fi)。iPad Proより重いではないですか(笑)

持ち運びはかなりしんどいかと思います。

折りたたみも出来ませんし、大きめのカバンが必要です。

まとめ

端末の登録云々よりも、スタンドがあるのはかなり便利だと思いました。