【iPad Pro】ソフトウェアキーボードの使用を中止。Bluetoothキーボードを使う!

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

1ヶ月ほどソフトウェアキーボードを使ってきましたが、それはやめてBluetoothキーボードを使う事にしました。

目立たない?

カフェやマクドナルド、イートインなど人がたくさん集まる場所でBluetoothキーボードを使うと目立つと思ったんです。

ソフトウェアキーボードであれば、タブレットをいじっているようにしか見えないので、目立たないと思ったんです。

なので、必死でソフトウェアキーボードの練習をしていました。

そもそもそういう場所に行かない!?

僕の場合、仕事は家でするって決めています。

なので、上で書いたカフェやマクドナルド、イートインで仕事をする機会は無いかなって思いました。

そういう感じなので、ソフトウェアキーボードを使う意味は無いと判断。

まぁ、ソフトウェアキーボードを使い続けても良いですが、Bluetoothキーボードの方が快適なので、ソフトウェアキーボードは使わない事にします。

外出して仕事をする場合はiPhone+Bluetoothキーボードで

外出先で仕事をする機会はほとんどありませんが、外出先で仕事をするとしたら、iPhone+Bluetoothキーボードを使う事にします。

僕のiPad ProはWi-Fi版なのです。なので、単体でネットに繋がりません。

しかも、iPad Proはデカくて重い。僕のは12.9インチ ありますからね。重さは713gですよ(笑)

Bluetoothキーボードと合わせると1kgに迫る勢い・・・

こんなものを持ち運ぶ気はありません。

iPhone+Bluetoothキーボードであれば、iPad Proに比べてかなり軽量化され、回線に常に繋がっています。

よって、出先で仕事をする場合は、iPhone+Bluetoothキーボードが良いかと思っています。

画面が広くなって良い感じ!

ソフトウェアキーボードを使う場合、画面半分はキーボードの領域となります。

Bluetoothキーボードを使う事により、画面が広く使えるようになりました。

ショートカットキーが便利

ソフトウェアキーボードでは一切使えないショートカットキー。

Bluetoothキーボードであれば、Macと同じようなショートカットキーが使えます。

あまり使う機会はありませんが、「Command」+「Tab」キーでアプリの切替が出来て便利ですね。

まとめ

ソフトウェアキーボードは楽しかったですよ。何だかiPad Proを使いこなしている感が半端なかったです。

機会があればソフトウェアキーボードを使うかもですが、今のところは使う気はありませんね(笑)

ソフトウェアキーボードはしんどいよ(笑)

ここまで1000文字超えですが、ソフトウェアキーボードだとこの辺りが限界です。

でも、Bluetoothキーボードだとまだまだ行ける感じです。

まぁ、もう書く事がないのでここらで終了します(笑)