隙間時間にブログを書くからと言って、手抜きの記事を書いてはいけないと思う

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

ブログサロンを開講し、3名の生徒さんがいます。

2名は、ブログを書いています。

基本的にアドバイスはしません。

アドバイスしたところで、それを聞いてくれない場合が多いので。

なので、アドバイスをする気が失せました(笑)

こんなんで講師は務まるのだろうか(笑)

ま、今のところクレームは来ていないので大丈夫かと。

ま、クレームを言ってきたら、

「どうぞご卒業下さい」

って言いますけどね(笑)

と言いますか、僕はボランティアでブログサロンを運営しているのです。

なので、文句を言われる筋合いはありません。

感謝してくれないと困る・・・

隙間時間を理由に手抜き記事を書いて良いとは言ってない

2名の生徒さんは、隙間時間にブログを書いています。

Yさんは隙間時間でも一生懸命書いているというのが伝わってきますが、Xさんは明らかに手抜き記事だという事が分かります。

これって、隙間時間に一生懸命ブログを書いている方に失礼だと思うんです。

なので、

「隙間時間を理由に手抜きの記事を書くくらいなら書くな!」

って言ってやりました(笑)

誰とは言って無いのですが、Xさんは思い当たる節があったようで、

「手抜き記事は書かない」

と言ってきました。自覚があるみたいだし、認めたみたいですね。

本人自身が手抜き記事ではないと言えば、それでOKなのですがね。

手抜きかどうかは読み手が判断することで、書き手は手抜きで書いていなくても、

「これは手抜きだ!」

って言われる場合がありますからね。

ちなみに、僕は手抜き記事を書くことはしていません。

まぁ、自己評価なので読者の皆様がどう思うかは分かりませんが・・・

とは言え、方針は任せるって言っている

手抜きだろうがそうでなかろうが、方針は任せるって生徒さんに言っています。

僕、あまり関わりたくないんですよ(笑)

ほんま、

「こんなんで講師が務まるん?」

って感じですが(笑)

質問は受け付けますが、こちらから何かを言うことはありません。

上で書いたようにアドバイスしたところで聞いてくれない事がありますので。

こっちとしては、気分が悪いですからね(笑)

まとめ

ブログサロンの運営は向いてないわ(笑)

今いる生徒さんが独り立ち出来たらサロンは閉講しよう(笑)