【iPad Pro】ソフトウェアキーボードにやっと慣れてきた話

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

人と違った事をするのが好きです。ソフトウェアキーボードを使い始めました。

ソフトウェアキーボードとは画面に表示させるキーボードの事です。

Smart Keyboardを持っている方は、ソフトウェアキーボードなんて絶対に使ってはいけないですよ。

「超絶打ちにくいのでw」

僕の場合、Bluetoothキーボードを使っていました。

気に入っていたのですが、

「なんか違うー!」

って思って、使用を中止・・・とは言えませんが使う機会がグッと減りました。

今、ソフトウェアキーボードを使っています。

使い始めた頃は

「こんな使いにくいもの、誰が使うんだ!?」

って思っていましたが、今はなくてはならない存在です。

ソフトウェアキーボードの良いところ

ソフトウェアキーボードの良いところ・・・

「あまり無いかな(笑)」

細かい点を挙げることは出来ますが、出来る事ならBluetoothキーボードを使いましょう。

絶対に、Bluetoothキーボードの方が捗りますよ。

ソフトウェアキーボードはショートカットキーが使えません。

BluetoothキーボードだとMacBookと同じようなショートカットキーを使う事が出来ます。

なので、個人的にはBluetoothキーボードの使用をおすすめします。

ここまでソフトウェアキーボードの良いところを1つも書いていません(笑)

ここでようやく書きます。

それは、

「先進的でカッコいい(笑)」

「人と違って嬉しい」

の2点。世の中見渡せば物理キーボードが多い訳で・・・

そんな中、ソフトウェアキーボードを使うなんて先進的でカッコいいと思いませんか(笑)

あと、皆んなが物理キーボードを使っている中、人と違って嬉しいとは思いませんか(笑)

僕は、この2点が良いところだと思っています。

ショートカットキーが使えなくても何とかなる

iPad Proは画面タッチデバイスなので、画面タッチに最適化された端末になっています。

なので、ソフトウェアキーボードを使うと中々便利です。

Bluetoothキーボードを使っていた頃は、

「マウスが欲しいなぁ・・・」

って度々思っていましたが、今は全然欲しいとは思わなくなりました。

iPad Proはソフトウェアキーボードがお似合いだと思っています。

Bluetoothキーボード代を節約出来る

Bluetoothキーボードは1,000円代からありますが、買います?

文字打ちを頻繁にするなら買うのはありですが、そんなに文字打ちをしないなら、ソフトウェアキーボードで十分ですよ。

やっとソフトウェアキーボードに慣れてきた

ソフトウェアキーボードを使い始めて数週間が経ったかと。

もちろん、何度かBluetoothキーボードに変えたけど、結局はソフトウェアキーボードに戻って来ています。

ソフトウェアキーボードの不思議な魅力に取り憑かれている僕です(笑)

まぁ、ソフトウェアキーボードを使う理由は上記で書いた通りです。

で、やっと今日くらいからソフトウェアキーボードに慣れてきました。

テンポ良く文字打ちが出来ています。

ここまで来るのは長かった・・・

ソフトウェアキーボードに慣れたので、今後、Bluetoothキーボードはもちろん、Smart Keyboardも買わないと思います。

もし、Smart Keyboardを買ったとしたら、約2万円。

これが浮いた事になります。2万円あれば色んな物を買えますね。

僕ならBluetoothイヤホンを買うかな?

持ち運びはiPad ProだけでOK

ソフトウェアキーボードを使う事により、持ち運びはiPad ProだけでOKとなりました。

僕のiPad Proは12.9インチ。重さは713gあります。

Bluetoothキーボードを合わせると1kgに迫る勢い・・・

Bluetoothキーボードを断捨離出来て良かったです。

あのMacBookより若干軽くなりました。

「ソフトウェアキーボードをマスターして良かったぁ!!!」

長文でも全然行ける!

ソフトウェアキーボードは長文は辛いと言われています。

しかし、僕の場合は、1,000~1,500文字程度なら余裕です。

これを短文と取るか長文と取るかは個人の判断になりますが、僕的には長文だと思っていますのでソフトウェアキーボードで長文は打てると思っています。

打ってて楽しいキーボードが1番良い

僕の場合はソフトウェアキーボードがベストですが、結局はお気に入りのキーボードを使う事ですね。

打ってて楽しいキーボードを使わないと文字打ちは出来ませんので。

あなただけのベストなキーボードを見つけて下さい。

まとめ

iPad Proのソフトウェアキーボードでブラインドタッチは可能です。

僕のiPad Proは12.9インチあるのですが、フルサイズキーボードとなっていて、慣れると物理キーボードに匹敵するくらい素早く文字打ちが出来ます。

iPad Proを持っている方は、ソフトウェアキーボードで遊んでみて下さい。

新発見が出来るかも知れないですよ!