iPad Pro用のキーボードはソフトウェアキーボードしかあり得ないと思う理由

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

1か月ほど前からソフトウェアキーボードを使っています。

途中、Bluetoothキーボードを使っていましたがやめました。

今は、ソフトウェアキーボードだけを使って仕事をしています。

今日は、iPad Pro用のキーボードはソフトウェアキーボードしかあり得ないと思う理由を書いてみたいと思います。

指が痛くならない

Bluetoothキーボードを使うと指が痛くなります。

原因は、キーを強く叩くからだと思います。

ソフトウェアキーボードは、軽いタッチで文字打ちが出来るので指が痛くなりません。

長時間の仕事でも問題ないのでソフトウェアキーボードは重宝しています。

iPad Proが重たくならない

僕のiPad Proは12.9インチあるのですが、仮にSmart Keyboardを搭載した場合、軽く1kgを超えます。

持ち運びがしんどいです。

ソフトウェアキーボードの場合、キーボードはiPad Proに内蔵されていますので、絶対に重くなりません。

Bluetoothキーボードを使うにしても、1kgに迫る重さだと思います。

ソフトウェアキーボードを使うと、iPad Proは重たくならないのです。

カーソル移動が楽

ソフトウェアキーボードはカーソル移動が楽です。

ソフトウェアキーボードの上で2本指でタッチするだけでカーソル移動が出来ます。

Smart KeyboardやBluetoothキーボードの場合は、矢印キーを連打する必要があります。

これが面倒です。

先進的でカッコいい(笑)

ソフトウェアキーボードを使っている方はあまり多くないと思います。

人と違った事が出来るし、先進的でカッコいいと思っています(笑)

この先、MacBookでもソフトウェアキーボードが採用される可能性がありますので、今から練習だ(笑)

なお、Windowsパソコンでは、Yoga Bookがソフトウェアキーボードを採用しています。

MacBookは一歩遅れたパソコンとなっています。

静かな環境でも遠慮する事なく使える

ソフトウェアキーボードは打鍵音が一切しません。

静かな図書館などで遠慮する事は無いです。

思う存分、仕事をする事が出来ます。

予測変換が便利

Smart KeyboardやBluetoothキーボードでも使える予測変換。

単語のスペルを全て打たなくても、目当ての単語が出てくる場合が多いです。

また、間違って打ってしまった場合でも、正しいものが表示される事が多いです。

打ち直しをする機会が激減するので仕事が捗ります。

長文でも楽々

上で書いた予測変換を使えば、長文が楽々です。

まぁ、僕の場合は、1,000~1,500文字程度ですが。

この程度であれば、全然問題ありません。

まとめ

Smart Keyboardが欲しいと思っていましたが、ソフトウェアキーボードをマスターしたので、Smart Keyboardは買わずにこのまま行きたいと思います。