iPadで仕事をする時はBluetoothキーボードを使おう

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

ついさっきまで、ソフトウェアキーボード(画面に表示されるキーボード)を使っていましたが、あまりに効率が悪いのでBluetoothキーボードを使うことにしました。

Bluetoothキーボードは良いですね。ソフトウェアキーボードで使えなかったショートカットキーが使えますから。

ただ、キーを押し込むのは面倒です。ソフトウェアキーボードであれば、キーに触れるだけで文字打ちが出来ますからね。

まぁ、でもソフトウェアキーボードは2度と使わないかなって思っています。

ソフトウェアキーボードは打ち間違いが多い

Bluetoothキーボードでも打ち間違いはしますが、ソフトウェアキーボードよりは少ないですね。

あと、ダメだと思うのが予測変換の位置にあります。

Bluetoothキーボードの場合、文字を打つところの下に表示されます。

しかし、ソフトウェアキーボードの場合は、文字を打つところに表示されません。

よって、文字を打つところを見つつ、予測変換のところを見ないといけない。

目が疲れるような感じがします。

ソフトウェアキーボードは近未来的でカッコイイと思っていたが・・・

あくまで僕の場合ですが。ソフトウェアキーボードは近未来的でカッコイイと思っていたのです(笑)

なので、ソフトウェアキーボードを何とかマスターしてやろうと思っていました。

しかし、Bluetoothキーボードの足元にも及ばない・・・

なので、残念ながらソフトウェアキーボードで仕事をするのはやめました。

まとめ

ソフトウェアキーボードの練習量は半端なかったです。しかし、使いこなす事が出来なかった・・・

練習した時間がもったいないですが、これ以上無駄に時間を使うのはもったいないので、Bluetoothキーボードを使うことにします。