【レビュー】iPhoneでATOKを使ってみた

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

先日からスマホでモブログしています。

中々快適です。スマホを操作出来る環境であれば、どこでもブログが書けます。

例えばトイレとか(笑)

モブログすればトイレも立派な執筆部屋なんです。

さて、最近、ATOKを買いました。

お値段は1,600円(笑)

アプリにしては超高価格なアプリ。

果たして使いこなすことが出来るのか?

というか使わなもったいないので頑張って使います。

ATOKのキーボード

フリック入力(日本語)の画面とキーボード(日本語)スタイル。

こちらは英語版のキーボードスタイル。

左下の「A」をスライドすると設定とか色んな事が出来ます。

漢字変換能力は?

まぁ、標準のキーボードとあまり変わらないですね(笑)

普通って感じです。

ただ、

ATOKなら、ミスタップも自動で修正してラクラク伝えられます。

【via ジャストシステム

という感じです。確かにミスタップしても自動で修正してくれる感じですね。

間違ったものまで登録される

1度文字を打って確定すると、その文字が記憶されます。

ただ、間違った場合、その文字も記憶されるので、時にはウザイと思うことも。

そんな時は「学習削除」をすればOKなのですが、いちいち面倒です。

ありがた迷惑っ感じですね(笑)

片手打ちもしやすい?

標準のキーボードで搭載されているキーボードの幅寄せ。

ATOKでも可能です。

これは便利ですね。

まぁ僕の場合は基本的に両手打ちなのであまり使いませんが(笑)

矢印キーが便利

画面タッチしなくてもカーソルキーでカーソルを動かす事が出来ます。

画面タッチをしなくても良いので便利です。

ATOKは買いか?

まぁ無くても困らないかと。スマホ内蔵のキーボードでも良いかと思います。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ATOKは中々カスタマイズ出来て面白いアプリではあります。

使いこなす事が出来れば楽しいですが、出来なければ無駄遣いとなります。

ATOKの購入は慎重に!


ATOK for iOSフラワータッチ入力ムービー