質の悪いBluetoothキーボードの特長を書いてみる。チャタリングやキーが認識されない?

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

Bluetoothキーボードが大好物で様々なBluetoothキーボードを使ってきています。

今はエレコムのBluetoothキーボードで落ち着いています。

今まで、何個だろうなぁ・・・

1ヶ月に約1個のペースでBluetoothキーボードを買っていたので、10個以上のBluetoothキーボードを買ってきたかな。

そのうち、正解だったのは上のキーボードとロジクール K380やK480、Magic Keyboardくらいかな。

Bluetoothキーボードに迷ったら、上記4台の中から選ぶべし。

なお、僕はiPad ProでBluetoothキーボードを使用していますので、PCで使うと違った印象になるかも。

そこのところよろしくお願いします。

チャタリングが発生する!

某メーカーのBluetoothキーボードを使ってみたところ、

「チャタリング発生!!!」

チャタリングとは、キーを1回押しただけなのに、連続で文字が自動で入力されること。

例えば「A」を1回押しただけなのに、「あああああああああああ」ってなってしまう(笑)

この現象、低価格なBluetoothキーボードで、あまりメジャーじゃないメーカーのもので発生する傾向があります。

キーを押しても認識されない

とあるBluetoothキーボードでの出来事。

iPad Proで文字打ちする際、スペースキーをよく使います。

そのスペースキーが認識されない場合があります。

強く押し込むと反応するのですが、流れるようにタイピングしてて、スペースキーだけ強く押すなんて事は難しいのです。

充電が出来ない・・・

バッテリー式のBluetoothキーボードを使っていた時のこと。

「充電が出来ない( ;∀;)」

直ぐにゴミ箱へポイしましたね(笑)

低価格であったのがせめてもの救い。

バッテリー式は2度と使うまいと決めたのです。

その点、Magic Keyboardは優秀です。ちゃんと充電できましたし。

バッテリー式のBluetoothキーボードを探している方は、Magic Keyboardがおすすめです。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

個人的におすすめするのはエレコムのBluetoothキーボード。

電池式で充電いらず。

電池が切れたら交換するだけでOK。

充電の手間が省けます。

という感じで、キーボード選びは慎重に!

出来れば試し打ちしてから購入する事をおすすめします!