【ATOKが治った】iPad ProでATOKを使っていくぞ!

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

ATOKの調子が良くないのでBluetoothキーボードを使っていました。

しかし、どうしてもATOKが使いたいので再び使用する事にしました。

ATOKが固まる

昨日は問題無かったですが、本日ATOKが固まりまくりです。

文字が打てなくなります。

あまりの多さに悶絶(笑)

「マジで勘弁してよ!」

って思いましたが、解決策が見つかりました。

解決策は以下のサイト様で詳しく書かれています。

簡単に説明すると、

フルアクセスの許可をオフにしてオンにするだけ。

たったこれだけです。

今のところまだ固まってないので、固まったら試してみたいと思います。

ATOK最高だわ

僕がなぜATOKにこだわるのか?

それは、iPhoneで慣れ親しんだフリック入力を使いたかったからです。

僕、両手フリックが出来ます。

なので、この技術を使いたいなって思っているのです。

で、今、ATOKでブログを執筆していますが、快適そのものです。

文字打ちは、ブラインドタッチが出来ますのでBluetoothキーボードの方が速いですが、お気に入りのキーボードを使う方がテンション上がりますもんね。

よって、今はATOKが最高です。

どこでも書けるぞ

Bluetoothキーボードを使う場合、机に向かう必要があります。

しかし、フリック入力だとどこでも書けます。

また、片手でも打てます。

本気を出せば両手フリックも可能。

「Bluetoothキーボードに匹敵するんちゃうかな」

って思っています。

まぁ匹敵しなくても良いです。

僕はスピードを追い求めている訳ではないので。

漢字変換が優秀過ぎて泣ける

ATOKは漢字変換能力が優秀です。

まぁ、iPad Proに内蔵されている漢字変換も優秀ですが、個人的にはATOKに軍配が上がると思っています。

ソフトウェアキーボードと比べて

iPad Proにはソフトウェアキーボードがあります。

ソフトウェアキーボードは最大10本の指が使えますが、フリック入力の場合は最大2本。

当然ソフトウェアキーボードの方が文字打ちが捗りますが、ソフトウェアキーボードはミス打ちが激しい。

使っててイライラします。

精神衛生上あまりよろしくないです。

ATOKはソフトウェアキーボードに比べてミス打ちが少ない。

多少は入力スピードが落ちてもATOKを選びます。

Smart Keyboardを使うのがベスト?

本当はSmart Keyboardを使いたいです。

これを買うと幸せになれる予感?

でもSmart Keyboardは価格が高いです。

なので、買えない(笑)

誰か頂戴(笑)

Smart Keyboardであれば、机に向かわなくても、膝の上に置いて文字打ちが出来ます。

Bluetoothキーボードより便利ですね。

ATOKはiPad Proを縦向きで使える

ATOKの良いところは、iPad Proを縦向きで使えること。

縦向きにした方が画面を広く使えるような気がしています。

Bluetoothキーボードでも可能ですが、縦向きで設置出来るスタンドが必要です。

また、Smart Keyboardは絶対に縦向きに出来ません。

ATOKは、縦向きでも横向きでも自由に使えるキーボードなんです。

長文入力は?

今のところ長文入力は問題ありません。

まぁ、僕の場合は1500〜2000文字程度ですが。

これくらいだと全然問題ありません。

疲れは?

疲れは無いですね。

全然打てます。

快適です。iPad Pro用にBluetoothキーボードを買うんだったらATOKを買うべきですね。

まぁ、ATOKは価格が高いですが(笑)。

たまにセールをしていますのでその時に買うのがベストですね。

僕の場合は定価で買いました。

確か1,600円だったかと思います。

もう少しお金を出せばBluetoothキーボードが買えてしまう(笑)

なので、スマホのフリック入力に慣れていて、Bluetoothキーボードより文字打ちが速い場合は、ATOKを使うべきですね。

LINEで長文を打っているような感覚

ダラダラと書いてしまいますが、ATOKで文字打ちしていると、LINEで長文を打っているような感覚になります。

肩の力が抜けて良い感じです。

まぁ、これはフリック入力に慣れているからです。

慣れないキーボードだと文字打ちするだけで精一杯ですからね。

僕の場合は、頭で思ったことをダイレクトに文字に出来ているような感じです。

これが快感だったりするのです(笑)

間違った単語まで登録されるありがた迷惑

ATOKで文字打ちすると、変換候補が出てくるのですが間違って打ったものまで登録されるとがあります。

文章の途中でも選べるのが便利ですが、間違った単語まで登録されます。

その時は、学習削除出来るので便利ですが。

でも、その都度学習削除をするのは面倒です。

予測変換はないが

iPad Proのソフトウェアキーボードの場合、予測変換が便利です。

かなり精度が高くて凄いです。

しかし、ATOKの場合は、予測変換が使えません。

この点は、ソフトウェアキーボードの方が便利です。

ソフトウェアキーボードがもう少し打ちやすければなぁ・・・

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

「ATOK最高!」

って思っています。

僕は随分前に買いましたが、ほとんど使ってきませんでした。

今後はバリバリ使いたいと思います。