【iPad Pro】なんちゃって3本指フリックに挑戦中

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

先日からiPad Pro 12.9インチでATOKを使っています。

それまでBluetoothキーボードを使っていました。

しかし、iPad Pro 12.9インチでもフリック入力が使いたいと思い、ATOKを導入しました。

両手フリックが当たり前

iPhoneでフリック入力が出来る方なら、iPad Pro 12.9インチでも問題ないかと思います。

iPad Pro 12.9インチでフリック入力したいなら、両手フリックほ当たり前です。

まぁ、片手フリックでも問題ないですが、出来れば両手フリックをマスターしましょう。

片手フリックよりも速く文字打ちすることが出来ますよ。

具体的にどうするか?

フリック入力は両手の人差し指を使います。

で、左の中指で漢字を選択します。

これがなんちゃって3本指フリックです。

慣れてないので指が戸惑いますが、慣れると快適になるかと思います。

なんちゃって3本指フリックの欠点

左手の中指が届かないところは、右手の人差し指を使います。

あまり意味ないですね(笑)

でも、僕はなんちゃって3本フリック入力をマスターしますけどね。

なんちゃって3本指フリックのメリット

なんちゃって3本指フリックのメリットはありません(笑)

単なる好奇心です(笑)

フリック入力は2本の指しか使えません。

なので遊んでいる指を使いたいのです。

その結果、なんちゃって3本指フリックを思い付いたのです。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

iPhoneで当たり前に使えるフリック入力。

僕の使っているiPad Proは12.9インチ。

通常は使えません。

なので、上で書いたようにATOKを使う必要がかあるのです。

ATOKであれば、なんちゃって3本指フリックが出来ます。

興味のある方は3本指フリックに挑戦してみて下さいね。