久々にATOKを使うと便利やった話

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

iPad Pro 12.9インチのソフトウェアキーボードの練習をしていました。

しかし、慣れる事が出来ずにBluetoothキーボードの使用を開始。

でもBluetoothキーボードは何となく使いたくない。

そこで、随分と前に購入したATOKを使うことにしました。

両手フリックが出来る

iPhoneを使っているのですが、iPhoneで両手フリックが出来ます。

よって、iPad Pro 12.9インチでも両手フリックが可能。

Bluetoothキーボードの速さには負けますが、ソフトウェアキーボードよりは入力スピードが速いです。

まぁ、スピードはあまり重視していません。

僕の場合は、打ち間違いのしにくさにこだわっていますので。

1番打ち間違いが少ないのはBluetoothキーボードです。

しかし、快適性で言えばATOK。

ATOKは、ソフトウェアキーボード以上Bluetoothキーボード未満という感じでしょうか。

漢字変換能力が高い

さすがATOKだけあって漢字変換能力は優秀です。

そして、漢字変換したら直ぐに学習され変換候補に出てきます。

そうじゃない場合もありますが、かなりの高確率で学習されます。

なお、間違って変換した場合も変換候補に出てきます。

その場合は、変換候補に出てきたものを長押し学習の削除が出来ます。

キーの滑りが良い

フリック入力で重視するのが、指の滑り。

ATOKの場合、かなり滑りが良いです。

指に力を入れなくても良いです。

疲れにくいかなって思っています。

キーボードの大きさを変える事が出来る

キーボードの大きさを変える事が出来ます。

自分の好みに応じて変更出来るので便利です。

キーボードの位置が右端と左端にしか移動出来ない

キーボードの位置は、右端か左端かしか選ぶ事が出来ません。

個人的には、真ん中に置きたいところ。

今後のアップデートに期待するべかなって感じです。

カーソル移動が面倒

ソフトウェアキーボードの場合、キーボードの上で画面タッチすればカーソル移動が出来ました。

しかし、ATOKでは無理なので、カーソル移動は指でタッチしないといけません。

これが地味に不便ですね(笑)

ATOKの総合評価

それではATOKを5段階評価してみます。

価格 ★★☆☆☆
使い勝手 ★★★★★
変換能力 ★★★★★
文字打ちの快適さ ★★★★★
カーソル移動 ★★☆☆☆
カスタマイズ ★★★★☆

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

iPad Pro 12.9インチで使うキーボードについて、

「Bluetoothキーボードを使うかな?」

「いやいやソフトウェアキーボードだ!」

とか悩んでいましたが、ATOKで落ち着きそうです。

ATOKを使うなら外に持ち出す際はiPad Pro 12.9インチ単体で良いですからね。

iPad Pro 12.9インチでキーボードを使いたいと思っている方はATOKを検討して下さいね。