専業ブロガーの僕が、ブログを執筆する仕事を始めた理由

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

1週間ほど前から専業ブロガーとして働いています。

厳密に言うとライター業もしていますので2束のわらじ状態ですが。

でも、ライター業をかなりセーブしているので、ほぼ専業ブロガーです。

そんな僕ですが、今日はブログを執筆する仕事を始めた理由を書いてみたいと思います。

興味のある方は読み進めて下さいね。

精神病で外に出れない

2年ほど精神病に苦しんでいます。

ほとんど外に出る事が出来ません。

外に出ると言えば、徒歩で行けるスーパーくらい。

2週間に1度心療内科に通っていますが、とてもしんどいです。

専業ブロガーであれば、家で仕事が出来ますし適職だと思ったんです。

ブログの執筆が好き

専業ブロガーを始めて1週間。

元々ブログの執筆が好きで、今は1日中没頭できるので良い感じです。

今のところ、1日に10記事近く書いています。

1記事1500〜2000文字くらいです。

ブログサロンを開講して3名の生徒さんがいます。

そのうちのAさんからお誉めの言葉を頂きました。

嬉しいですね。

そして、ブログサロンの生徒さんも頑張ってブログを執筆してほしいと思っています。

生徒さんは、1日に1〜2記事。

僕みたいに専業ではないので、この程度で十分かと思っています。

1人で淡々とする仕事が好き

過去に雇われで働いてた時から1人で淡々とこなす仕事が好きでした。

最近働いてた会社では、チームで協力して仕事をしていました。

悪くないのですが、自分がミスをした時にチームのメンバーに迷惑をかけるのが嫌でした。

今は1人で淡々とブログの執筆をするだけなので気が楽です。

マイペースでする仕事が好き

1人であればマイペースで仕事が出来ます。

専業ブロガーの仕事はブログの執筆。

急かされたら思うようにブログの執筆が出来ません。

指図されないので好き

昔から指図されるのが嫌だったんです(笑)

上司とよく衝突したなぁ・・・

今となっては良い思い出ですが。

あの上司は元気にしているのであろうか?

で、ブログの執筆であれば誰にも指図されませんので良い感じです。

なお、上で書いたようにブログサロンを開講して、3名の生徒さんがいます。

僕自身、指図されるのが嫌なので、生徒さんには出来るだけ指図しないようにしています。

割りかし自由に書いてもらっています。

僕がアドバイスする事と言えば、句読点の位置や文体などです。

一応、記事を読みますが、あえて何も言っていません。

何か指示するとブログの執筆がしにくいもんね。

よって、常識に反していないかとか、句読点や文体の点を重点的にチェックしています。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

専業ブロガーの仕事は結構キツイです。

1人で気が楽な反面、困った時に相談出来る相手がいません。

会社だと、上司や部下、同僚など誰かしら相談出来る相手がいますもんね。

いきなり専業ブロガーになるのではなく、収入源を確保してからにしましょう。

初めのうちは、全く収入がないと思って下さい。

下手したら数ヶ月収入が無いかも知れません。

その間、ブログの執筆を続ける事が出来ますか?

それでも専業ブロガーになりたい場合は、休日に朝から晩までブログを書き続けてみて下さい。

書き続ける事が出来れば、専業ブロガーの素質があるかも知れません。

いずれにしても、収入源を確保しましょう。

僕的には兼業ブロガーをおすすめします。