ホワイトのワイヤレスキーボードを使うことにした

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

iPad Proでブログを執筆する時、ワイヤレスキーボードを使っています。

ワイヤレスキーボードはブラックしか有り得ないと思っていました。

しかし、僕のiPad Proはシルバーモデルで画面の縁がホワイトなんです。

はじめのうちは、ブラックのワイヤレスキーボードを使っていました。

しかし、画面の縁の色に合わせたかったので、ホワイトのワイヤレスキーボードを使うことにしたのです。

これで色の統一が出来ました。

汚れが気になる・・・

色の統一は出来ましたが、ホワイトのワイヤレスキーボードって汚れが気になるんですよ。

そこに気を使うのは嫌だったのでブラックのワイヤレスキーボードを使用していました。

やっぱりホワイトのワイヤレスキーボードを使おう

ブラックのワイヤレスキーボードは、汚れが目立たないので遠慮なく使うことが出来ていました。

しかし、色の統一が出来ないので気になる・・・

こんなことならば、スペースグレイのiPad Proを買えば良かったと後悔・・・

今更どうのこうの言っても仕方がないので、ホワイトのワイヤレスキーボードを使うことにしました。

汚れが付着したら・・・

僕のワイヤレスキーボードは、かなり価格が安いです。

ヤマダ電機で3,000円ほどで販売れており、ポイントを使ったので2,000円で買えました。

格安のワイヤレスキーボードなので、かなり汚れたら買い換えるのもあり。

また、ウェットシートで汚れを拭き取るのもあり。

そんなに気を使う必要は無いかと思っています。

同じモデル

僕のワイヤレスキーボードはエレコムのTK-FBP102です。

Amazonには置いていません。

似たようなものはありますが。

実は、TK-FBP102のブラックとホワイトを持っています(笑)

TK-FBP102はブルーもあるみたいなので、これを手にいれるとコンプリート出来ます(笑)

ま、ブルーは買わないですけどね(笑)

TK-FBP102がかなり気に入っているので、ブラックに続いてホワイトも買ってしまいました(笑)

エレコム製品とは昔から相性が悪かったですが、TK-FBP102は例外でした。

エレコムのTK-FBP102は、僕にとって最高のワイヤレスキーボードとなりました。

僕は、ワイヤレスキーボードが大好きで、1ヶ月に1回程度ワイヤレスキーボードを買っていましたが、TK-FBP102で落ち着きました。

評価としてはこんな感じになります(5段階評価)。

デザイン ★★★★☆
押し心地 ★★★★★
打ちやすさ ★★★★☆
iPad Proとの相性 ★★★★★

僕的にはTK-FBP102は高評価ですが、あくまで僕の場合はですよ。

ワイヤレスキーボードの使い心地は、個人によって大きく異なりますので大手家電量販店などのお店で試し打ちしましょう。

僕が言えるとせれば、上でたくさんのワイヤレスキーボードを使ってきたと書きました。

有名メーカーからマイナーメーカーまでワイヤレスキーボードを買い漁っていました。

その結果、TK-FBP102に辿り着く。

エレコムは超一流メーカー。

迷ったら、エレコムなど名の知れたワイヤレスキーボードの購入をおすすめします。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

購入したワイヤレスキーボードは全てブラック。

よって、ホワイトのワイヤレスキーボードを使うのは初めて。

上で書いたように、汚れが気になったらウェットティッシュで拭くだけ。

でも、少しばかり面倒ですが(笑)

まぁ、色が統一されますので、ホワイトのワイヤレスキーボードを使おうかと思います。