僕がiPad Proのソフトウェアキーボードを使う理由

スポンサーリンク
f:id:Kawan0116:20180919091844j:plain

かわんです。

先日、iPad Proのソフトウェアキーボードは使わないって書きました。

ですが、再びソフトウェアキーボードを使っています。

今日は、僕がiPad Proのソフトウェアキーボードを使う理由を書いてみたいと思います。

ソフトウェアキーボードが好き

ソフトウェアキーボードが好きです。

打鍵感が無くて打ちにくいですが、キーに触れるだけで文字が打てるので、指に力を入れる必要はありません。

サラッと文字を打つ事が出来るのです。

iPad Proを使いこなしているような気がする

ソフトウェアキーボードは、iPad Proに備わっている機能の1つです。

使わなもったいないって感じ。

そして、ソフトウェアキーボードを使っている事でiPad Proを使いこなしているような気になります。

まぁ、自己満足ですけどね(笑)

サウンドがヤバイ

キーに触れると音がなります。

このサウンドが好きだ。病みつきになりそう(笑)

もちろん、音を消すことも出来ます。

でも、音を消すと途端に打ちにくくなるので、サウンドを出す事にしています。

もちろん、図書館など音を出すといけない場所があります。

そんな時は、設定1つでサウンドをOFF。

スマートで良い感じです。

持ち運びはiPad Pro単体で良い

Bluetoothキーボードを使う場合、持ち運び時はiPad ProとBluetoothキーボードを持って出る・・・

僕のiPad Proは12.9インチ。デカくて重いです。

Bluetoothキーボードを合わせると1kg超え!

MacBookより重たくなります。

ところが、iPad Pro単体だとMacBookより若干軽くなります。

持ち運びが随分と楽になる訳ですね。

なお、僕のBluetoothキーボードはエレコムのTK-FBP102です。

薄くて軽いBluetoothキーボードですが、200g超えなので。

iPad Proと合わせるとやっぱり1kg超え。

iPad Pro単体で持ち運ぶのがベストですね。

予測変換が便利

ソフトウェアキーボードはBluetoothキーボードに比べて打ち間違いが多いです。

でも、予測変換が便利です。

単語のスペルを間違えても、正しい単語が出てくる場合が多いです。

ミスタイプがあっても、正しい単語が出てくるので便利。

Bluetoothキーボードだと、邪魔になりがちな予測変換。

予測変換はソフトウェアキーボードの為にある機能だと思います。

カーソル移動が便利

ソフトウェアキーボードの上で、二本指でタッチするとカーソル移動が出来ます。

Bluetoothキーボードの場合は、カーソルキーを連打するか画面タッチでカーソルを移動する必要があります。

Bluetoothキーボードで地味に不便なカーソル移動。

ソフトウェアキーボードは、そんな事はありません。

Smart Keyboardはいらない!

iPad ProでSmart Keyboardが使えます。

ぶっちゃけ欲しいw

でも価格が高い・・・キーボードに2万円出すか・・・

ソフトウェアキーボードを使うと、Smart Keyboardが欲しい気持ちを軽減出来ます。

iPad ProにSmart Keyboardを装備すると重たくなりますからね。

目立たない

ファミレスやカフェ、マクドナルドやイートインなど人が集まる場所でiPad ProとBluetoothキーボードを広げると目立つかなって思っています。

iPad Proだけなら目立つことは少ないかなって思います。

タブレットをいじっているようにしか思われないですからね。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ソフトウェアキーボードを使っている方をあまり見かけないです。

だって、安いBluetoothキーボードを使った方が快適ですから。

AnkerのBluetoothキーボードなんかは、価格が安くて良い感じです。

僕的には、ますはソフトウェアキーボードを使ってみて、ダメならBluetoothキーボードを購入すると良いかもって思っています。

それではまた!