【レビュー】iPad Proのソフトウェアキーボードを3日使ってみた感想

スポンサーリンク

モブロガーのかわんです。

iPad Proのソフトウェアキーボードを使い始めて3日経過したのでレビューしたいと思います。

押し心地というか触れ心地

ソフトウェアキーボードに「押す」という概念はありません。

ソフトウェアキーボードは、キーに触れるだけで文字入力出来ます。

少しでも触れると文字入力されてしまいますので、気を付けないといけません。

個人的には、もう少し鈍くても良いかなって思います。

キーに触れた時の音

ソフトウェアキーボードで音を出すのは簡単です。

  1. 設定アイコンをタップ
  2. サウンドをタップ
  3. キーボードのクリック音をONにする(白→緑にする)

これでキーに触れたら音が鳴ります。

音が出ないなら音量を上げてみましょう。

キーを押した時の音は自分でコントール出来ます。

ちなみに、僕は音を出していません。

うるさいので(笑)

でも、音を出した方が打ちやすいとは思います。

慣れるまでは音を出すと良いかと思います。

角度を付けた方が打ちやすい

Smart Coverなどを使ってiPad Proに角度を付けた方が打ちやすいです。

ちょっとした事ですが、打ち心地が随分と変わってきます。

カーソル移動が楽

カーソルを移動する際は、キーボードの上で二本指を同時に乗せる事でカーソル移動モードになります。

これかなり便利です。

ソフトウェアキーボードに矢印キーはありませんが、全然問題ありません。

予測変換が便利

f:id:Kawan0116:20180915095141j:plain

ぶっちゃけ、ソフトウェアキーボードはとても打ちにくいです(笑)

出来ることなら、Bluetoothキーボードを買いましょう(笑)

でも、それが嫌だって方は予測変換を上手く使います。

単語のスペルを間違えても、正しい単語が表示される場合が多いです。

ソフトウェアキーボードを使う上で、予測変換はとても便利なんです。

左手首を机に固定する

ソフトウェアキーボードを使う際、左手首だけ机に固定します。

両手首を固定する方法もありますが、僕の場合は左手首だけを固定する方が文字打ちがしやすいのです。

あと、両手をブランとさせて文字入力する方法もありますが、僕には向いてませんでした。

ブラインドタッチが出来る

僕はブラインドタッチが出来ますので、ソフトウェアキーボードでもブラインドタッチが出来ます。

僕のiPad Proは12.9インチ。

とても大きなキーボードが搭載されています。

なので、窮屈感はなくて快適にブラインドタッチが出来ています。

長文作成は出来る?

ここまで1158文字ですが、まだまだ打てる感じですね。

多分、長文作成は問題ないかと思います。

ショートカットキーが使えない

ソフトウェアキーボードで文字打ちしている時は、ショートカットキーが使えません。

f:id:Kawan0116:20180915143959j:plain

ただ、文字のカットやコピー、ペーストは出来ます。

この3つがあれば、ほぼ問題ないと思っています。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

iPad Proのソフトウェアキーボードで慣れてしまえば、Smart KeyboardやBluetoothキーボードは必要無くなります。

無駄にお金を使いたくない方は、ソフトウェアキーボードの使用をおすすめします。

それではまた!