【レビュー】エレコム TK-FBP102をiPhoneやiPadで2ヶ月使ってみた感想

モブロガーのかわんです。

エレコムのTK-FBP102を2ヶ月使ってみたのでレビューしたいと思います。

押し心地

押し心地は悪くないです。程良い深さとなっています。

割とキーを強く叩く人に向いているかなという感じです。

僕はキーを強く叩くタイプの人間。

TK-FBP102の押し心地は最高です。

ホントだよ・・・

キーを押した時の音

静かな方だと思いますが、完全に無音ではないです。

図書館など静かな環境だと気を使うかも・・・

今、静音キーボードが売ってますよね。

音を気にするなら、それをおすすめします。

持ち運び

大きくて折りたたみが出来ないです。

かさばるかも知れないですね。

ただ、軽くて薄いので、持ち運び時の負担は少ないかと思います。

言語切替に問題あり

「英数」や「かな」キーがありません。

言語切替に問題があります。

ショートカットキーで言語切替出来ますが、これが面倒だと思う方はTK-FBP102はやめて他のキーボードを買いましょう。

最高のTK-FBP102

キーボードが大好きで、様々なキーボードを使ってきましたが、TK-FBP102が最高です。

「ホントです!」

まずは価格が安いこと。

僕は近所のヤマダ電機で3000円程で買いました。

Amazonには置いてないみたい。

似たようなものはありますが・・・

試し打ちせずに買いましたが、まぁ・・・

「3,000円やし、あかんくても良いや・・・」

って軽い気持ちで買いました。

その結果、買って大正解。

今まで買ったキーボードでSmart Keyboardが1番高かったですが、個人的にはSmart Keyboardを超えるキーボードだと思っています。

でもね・・・

今はTK-FBP102を使っていません・・・

iPhoneやiPadで文字を打つ時は、画面上に表示されるソフトウェアキーボードを使っています。

何でそうなったのか?

答えは、

「TK-FBP102の使い勝手を超えたから」

です。ソフトウェアキーボードは押し心地がなくて打ちにくいですが、慣れてしまうと戻れなくなります。

なのでTK-FBP102を買っても良いですが、まずはソフトウェアキーボードを使ってみても良いかもしれません。

まぁ、ソフトウェアキーボードはお金がかからないし、せっかく備わっている機能なので、使わなもったいないですよ。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

TK-FBP102は、お世辞にも高級感があるとは言えません。

明らかに、チャチイキーボードです。

でも実用性は十分です。

iPhoneやiPadで使えるキーボードを探している方はTK-FBP102の購入を考えてみて下さい。

なお、上でも書きましたが、TK-FBP102はAmazonで置いてないみたい。

似たようなものはありますが。

僕は、ヤマダ電機でTK-FBP102を買ったので、ヤマダ電機に行くと置いているかも・・・

キーボードの好みは人によって異なります。

なので、可能ならば試し打ちをしましょう。

それではまた!