iPhone XよりもiOS12が気になる。マウスは使えるのか?!

スポンサーリンク

モブロガーのかわんです。

iPhone Xの後継機が出ましたね。

「たっけーな、オイ!」

Appleは、高級ブランド化して行くのでしょうか?

そうだとしたら、僕には無理だ・・・

よし、iPhone Xは買わない!

iPhone7で頑張るぞっと。

さて、僕的にはiPhone XよりもiOS12が気になります。

リリースは9月18日になる模様です。

Appleの公式サイトでもiOS12の機能を確認出来ます。

ザッと見た感じ・・・

「やっぱりマウスに対応しないのかよw」

Appleは頑なにiPadでマウスを使えるようにしないのね(笑)

まぁ、シャーナイ・・・

ソフトウェアキーボードを使うとマウス要らず!?

僕はiPad Pro 12.9インチを持っています。

Bluetoothキーボードを使ってブログを書いたり仕事をしていましたが、ソフトウェアキーボードを使うことにしました。

やっぱりBluetoothキーボードだってブログで書きましたが、ソフトウェアキーボードに戻っています。

で、ソフトウェアキーボードなのですが、これ、持っているエレコムのBluetoothキーボード「TK-FBP102」とキーピッチが似てるんです!

画像が汚くてすいませんw

打鍵感と打鍵音がしないだけで、あとはTK-FBP102と同じ。

これはマスターすべき案件。

Bluetoothキーボードは終わりにしてソフトウェアキーボードで頑張る事にします。

ちなみに、ソフトウェアキーボードで文字打ちする時は、小指は使いません。

小指で押すキーは薬指を使っています。

僕の場合、小指を使うとミスタイプする事が多いので・・・

で、ソフトウェアキーボードにベタ惚れしている僕ですが、ソフトウェアキーボードを使う理由がもう1つあります。

それは、

「ソフトウェアキーボードを使えばマウスが無くても問題ないやん!」

画面上に常に指がありますので、操作が簡単。

使う指の本数によって、自在に操る事が出来ます。

「マウスが欲しいなぁ」

っていう場面が激減しました。

てか、今は

「マウスなんていらねー!」

って思っています。

あと、厄介なのがテキストエディタでブログを書いている時にカーソルを移動しないといけない点。

Bluetoothキーボードだったら、カーソルキーを連打するか画面タッチでカーソルを移動する必要があります。

このBluetoothキーボードを使っている時に画面タッチするのが面倒なこと・・・

そのようなシーンでマウスが欲しくなる訳ですね。

ソフトウェアキーボードの上で二本の指でタッチするとカーソルを簡単に移動する事が出来ます。

画像が汚くてすいませんw

とまぁ、こんな感じで、

「マウスなんて要らねーぜ!」

って思っているのです。

マウスが使えようが使えないようが俺には関係ない!

もう、iOSにマウスが使えるようになる期待をするのはやめました。

ソフトウェアキーボードを使っている以上、マウスなんて無くても問題ないぜ!

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

iOS12で唯一気になるのが、キーボードの改善。

キーボードが一段と速く表示され、入力の反応も一段と良くなります。

【via Apple

今でも十分ですが、更なる飛躍を期待してしまいますよね。

それではまた!