iPad Proでソフトウェアキーボードを使うメリットを考えてみた

f:id:Kawan0116:20180913120823j:plain

モブロガーのかわんです。

iPad Proでブログを書く場合、ソフトウェアキーボードを使っています。

ぶっちゃけ、とても打ちにくいですが愛用しています。

今日は、iPad Proでソフトウェアキーボードを使うメリットを考えてみたので紹介してみたいと思います。

Bluetoothキーボードを買わなくて済む

iPad ProでBluetoothキーボードを使うと何かと便利です。

ショートカットキーが使えますから。

個人的におすすめするのは、エレコムのTK-FBP102。

近所のヤマダ電機で買いました。

Amazonには置いてない模様です。似たようなものはありますが。

Bluetoothキーボードがとにかく欲しいならTK-FBP102をおすすめします。

で、ソフトウェアキーボードを使うとBluetoothキーボードを買わなくて済みます。

節約に繋がる訳ですね。

iPad Proの操作がしやすい

Bluetoothキーボードを使うと、画面タッチの場合、手を伸ばすのが面倒です。

ソフトウェアキーボードを使った場合、指が常に画面の上にありますのでiPad Proの操作がしやすいです。

持ち運び時はiPad Proのみで良い

僕のはiPad Proは12.9インチあります。

デカくて重い!

iPad ProとBluetoothキーボードを持ち運ぶと1kgほどとなります。

これ、最新のMacBookと同じくらいの重さになります。

なので、iPad Pro単体で持ち運べばMacBookより軽くなります。

ソフトウェアキーボード、サイコー!!!

予測変換が便利

1〜10まで単語を打つ必要はありません。

キーボードの上に予測変換が表示されます。

打ち間違いしても予測変換に目当ての単語が出てくる場合があります。

これを使うことにより、タイピングがかなり楽になります。

ソフトウェアキーボードのデメリット

メリットばかり書いてもあれなんで、デメリットを書いていきたいと思います。

それは、打鍵感がない事。

打鍵感があるのと無いのとでは、雲泥の差です。

ソフトウェアキーボードを使う場合、かなり練習しないといけません・・・

最初の1週間は苦労するでしょう。

でも、最短で3日間練習すればかなり打てるようになります。

あ、ブラインドタッチ出来る方の場合ですが・・・

ブラインドタッチ出来ない方は、ソフトウェアキーボードを使うのはやめた方が良いです。

めちゃ苦労すると思いますよ。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ソフトウェアキーボードにハマっているので、Bluetoothキーボードは使わないと心に誓っています。

まぁ、いつまで続くか分かりませんが・・・

それではまた!