【レビュー】ロジクール K480の欠点を挙げてみる

ロジクール K480を使い始めて1日が経過した。

今のところは何ら問題ないことが判明・・・

「とはいかないのだなw」

あ、あるのかよ・・・

今日は、ロジクール K480の欠点をあげてみる!!!

大きくて重い

公式サイトによると、ロジクール K480の重さは815gもある。

軽量なノートパソコンに匹敵する重さ。

持ち運び時は気合を入れないと。

貧弱な僕には負担が大きすぎる・・・

また、折りたたみも出来ないので、大きめのカバンが必要だ。

充電中は横向きでしか立て掛けることが出来ない

僕はiPhone7でロジクール K480を使っている。

充電時は、iPhone7を横向きにする必要があり、縦画面が好きな僕は、ちょっとだけストレスを感じるのである。

キーをしっかりと叩かないと認識されない

ロジクール K480の押し心地は深い。

しっかりと押し込まないといけない。

認識されない時は、

「ムキー!!!」

ってなる。

僕、短気なのでw

まとめ

という事で、色々と書いてみた。

完璧なキーボードはないのは分かっている。

でも、出来るだけ満足のいくキーボードが欲しいところ。

まぁ、でもロジクール K480は中々良いキーボードだと思うよ。

「持ち運ばなければ!」

迷走は続く。