ロジクール K480の「英数」「かな」キーが便利すぎて泣ける話

スポンサーリンク

ロジクール K480を買って色々と遊んでいる。

3度目の購入なんで、新鮮さは無いが、まぁ、これまで使っていたエレコムのBluetoothキーボードよりは良いかなっていう印象。

何が良いのか!?

エレコムのBluetoothキーボードの場合、言語切替は、「Caps lockキー」を押す必要があったんだ。

簡単だけど、ウィンドウが表されて面倒である。

しかも、表示中に矢印キーを押してしまうと、言語切替されてしまう。

なので、ウィンドウが消えるまで待っとかないといけなんだ。

めっちゃ不便w

ところが、ロジクール K480の場合は、「英数」「かな」キーがあるので、言語切替の場合はそれらのキーを押せばOK。

上のキャプチャみたいにウィンドウが表示されないので便利である。

マジで便利過ぎて泣けるw

言語切替のシーンは多くないけど、それでもウィンドウが表示されるのはウザイ。

この点でロジクール K480は良く出来たキーボードである。

3,000円ちょいで買えるし

キーボードは様々なものがあってiPhoneで使えるキーボードが多数存在する。

ロジクール K480をお勧めする訳ではないが、キーボード選びに迷っているならロジクール K480を検討してほしい。

個人的にはお勧めするキーボードである。

お勧めしてるやんけw

まとめ

という事で、色々と書いてみた。

ロジクール K480は折りたたみが出来なくて大きくて重いが、持ち運びは気合をいれよう!

それではまた!