iPad Proのソフトウェアキーボードを使ってみた話

スポンサーリンク

久々になるけどソフトウェアキーボードを使ってみたけどあかん子でした。

ソフトウェアキーボードは画面上に出てくるキーボード。

f:id:Kawan0116:20180817093045j:plain

打鍵感が無くて超絶打ちにくい。

ホンマ、あかん子ですわ。

使いこなせないお前が悪いw

実は過去に1ヶ月ほどソフトウェアキーボードを使っていた事があって、それなりに使えるのである。

しかし、Bluetoothキーボードをメインに使い始めて、

「やっぱりBluetoothキーボードが便利だわ!」

って思ってソフトウェアキーボードの使用はやめたのである。

しかし、本日、再度ソフトウェアキーボードを使ってみたけど、上で書いた通り使えん子になったのである。

iPad Proを使っている方は素直にBluetoothキーボードを使うべきだ。安いので良いから。

ソフトウェアキーボードの良いところ

ソフトウェアキーボードの良いところ・・・

うーん・・・

「お金を使わなくて良いことかな」

Bluetoothキーボードは、約2,000円から買えるかと思うんだけど、それを節約したい方はソフトウェアキーボードを使うと良いかも。

良いところはこれくらいかな。

ホント、これくらいしか思い付かない・・・

Bluetoothキーボードの良いところ

Bluetoothキーボードの良いところはショートカットキーが使える事だね。

めちゃ便利である。

あとはソフトウェアキーボードより打鍵感が良い感じだね。

ソフトウェアキーボードは打鍵感が無いし打ちにくい。

ソフトウェアキーボードで行こうかと思ったけど

「まぁ、好きな物を使えよ!」

って話やけど、ソフトウェアキーボードを本格的に使おうと思っていた。

しかし、あまりに使いにくいのでBluetoothキーボードを使う事にしようかな。

迷走は続く。