【レビュー】エレコム TK-FBP102をiPadで1ヶ月使ってみた感想

スポンサーリンク
f:id:Kawan0116:20180815093034j:plain

エレコム TK-FBP102をiPadで1ヶ月使ってみたよ。

Amazonで販売されているようだが、僕は普通に家電量販店で購入した。

確かヤマダ電機やったかと。お値段は3,000円ほどかな。

Amazonの方が安いかと思うけど、Amazonで買うと代引き手数料がかかるんだ。

なので、ヤマダ電機で買った。手数料払うってもったいないやん!?

Amazonで買ったとして、代引き手数料を払うとヤマダ電機で買う値段と変わらない。

なので、今回はヤマダ電機で買ったんだ。

Amazonを連呼し過ぎw

で、TK-FBP102なんだけど、まずは、

「打鍵感が良い!」

ってこと。僕にとってはやけどね。

次に打鍵音。

「まぁ、うるさい部類に入るかと・・・」

雑記を書いている時、耳栓を付けたりウォークマンで音楽を聞いているけど、打鍵音が聞こえてくる。

ざわついた場所だと気を使うことは無いだろうけど、図書館などシーンとした場所では気を使うかもね。

あとはキーピッチ。個人的には広いと思っている。

窮屈感がないのでとても打ちやすいんだ。

打鍵音が大きい以外は概ね良好。

何より1番気に入っているのが、電池駆動って事。

充電式は充電しないといけないので面倒。

何が言いたかったのかというと、

「TK-FBP102はiPadで最適なキーボード!」

って感じである。

1行で終わる内容を長々と書くなよw