iPhoneでブログを書く時、キーボードはいらない。音声入力とフリック入力で行くぞ!

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

我が家で唯一あったBluetoothキーボード「Magic Keyboard」を捨てました。

今のところ、キーボードが欲しいとは思いません。

最近頻繁に使っている音声入力がかなり便利です。

音声入力に慣れてしまったら、カタカタとキーボードを打つのがとても面倒になります。

ここまで194文字ですが、3分程で書き上げることができました。速いのか遅いのか分かりませんが(笑)

備わっている機能だから使わないともったいない

iPhoneには、音声入力機能が備わっています。これを使わないのはもったいない。

音声入力にコツがありますが、それを身につければ音声入力で快適にブログを書くことができます。

ではそのコツとは何なのか。答えは簡単です。それは、ゆっくりめにハッキリと喋ります。

単語ごとに言うより、少し長めに喋るとうまく漢字変換されることが多いです。

コツはこれだけです。とても簡単ですよね。漢字変換入力が優秀で、必要性十分な機能だと思います。

音声入力が終わったら

音声入力が終わったら誤字脱字をチェックします。上で述べたように漢字変換は優秀ですが、どうしてもミスがあります。

よって、音声入力終わったらフリック入力で誤字脱字の修正をします。

下書きは音声入力で行い、清書はフリック入力で行うという手法をとっています。

音声入力とフリック入力はとても良いコンビだと思います。

音声入力の欠点

音声入力はとても便利。積極的に使って欲しい機能です。

しかし、音声入力には欠点があります。それは、人が集まる場所では使いにくいと言うこと。

iPhoneに向かって喋るので、周りの人は、

「あの人、iPhoneに向かってなんで喋りかけているのだろう(笑)」

って思われます。

よって人が集まる場所では音声入力は使いにくいと思います。

「周りになんと思われても良い。」

そんな鋼のハートを持っている方は、人がたくさん集まる場所でもガンガン音声入力でブログを書いてください。

僕には無理だ笑

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ここまで1,097文字ですが15分位で書き上げることができました。

体感的には、キーボードを使うより速いと思います。

キーボードを持っていない今、僕は音声入力やフリック入力を使うしかありません。

しばらくはこの体制でブログを書いていきたいと思います。

それではまた!