Magic Keyboardが復活した話

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

先日、Magic Keyboardの上にコーヒーをこぼしました。

コーヒーをもろにかぶったキーは使用不能。

高いお金を出して購入にしたので意気消沈・・・

しかし、本日使ってみたら、嘘みたいに使う事が出来るようになりました!

治った理由は分かりません。

唯一やったのは、キーの部分を裏側にして1日ほど放置。

これだけです。

新しいキーボードを買おうかと思っていましたが、買わずに済みそうです。

それはそれで残念な気が(笑)

キーボードフェチなので、新しいキーボードを使ってみたいとは思っていましたので(笑)

Magic Keyboardの代替として

私は、iPhoneでブログを書いていますが、フリック入力や音声入力を試しました。

フリック入力はチマチマと打っていくのが難点。

一応、両手フリックをマスターしていますので、そこそこのスピードですが、しんどいですね。

そこで目を付けたのが音声入力。

声に出すだけで文字を打ってくれる優れもの。

これ、結構気に入っていたのですが、思いやり変換がイケてない。

「思いやり変換」は僕が勝手に付けたことなのですが、文脈によって、既に確定している文字まで勝手に変換されるのです。

間違ってる文脈であれば自動で治してくれるので嬉しいですが、変換されたくない所まで変換されてしまうのは

「イライラ!!!」

設定でOFFに出来れば良いのですが、設定項目を見たところ、そのような項目はない。

あと、音声入力の場合、テキスト入力支援アプリのTextExpanderユーザー辞書が使えません。

これらに依存しているので音声入力は厳しいかなと。

という事で・・・

ブログを書くことを限定するなら、キーボードが最適です。

  • フリック入力
  • 音声入力

2つを試してみて、ブログを書くならキーボードが最強だと思います。

今回、思ったのはMagic Keyboardは意外に頑丈であるということ。

恐らく、内部はコーヒーまみれになってるかと思いますが、内部は見れないので気にしないことにします。

なお、発熱したり充電が出来ない事案は発生していません。

今のところは全く問題なく使用することが出来ています。

「あー良かった!」

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

Magic Keyboardを買ってからというもの、腫れ物に触る感じで丁寧に扱っていましたが、今後は荒っぽく使用しようかと。

そもそも、キーボードなんて消耗品なので気を使う必要は無いかと・・・

それではまた!