大阪北部地震から学んだこと

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

大阪北部地震を体験しました。

強烈な縦揺れのあと、強烈な横揺れ。

我が家はとても古いので、家が壊れるかと思いましたが、なんとか持ちこたえました。

とても怖い思いをしたのですが、大阪北部地震から学んだことがあります。

今日はその旨を書いていきたいと思います。

電気やガス、水道はいつでも使える訳ではない

当たり前に使えていた電気やガス、水道が使えなくなります。

幸い直ぐに復旧しましたが、それでも数時間はストップしました。

当たり前に使えていたものが使えなくなる・・・

とても不便です。

日頃から当たり前に使えている電気やガス、水道を大事に使おうと思いました。

非常食を用意しておく

近所のスーパーが閉店したので、所有しているものでカバーしないといけない・・・

でも、カップ麺しか無かった・・・

電気やガス、水道が直ぐに復旧したので、ケトルが使えて良かったですが、復旧しなければ食べ物がない感じになっていました。

電気やガス、水道を使わなくても良いものを常備しておこうと思いました。

旅行カバンに常に着替えを入れておく

地震が発生した時、着の身着のまま外に飛び出しました。

上で書いたように、我が家は古いので、家が倒れてもおかしくありません。

家が倒れると、着替えを取ることが出来ず不便です。

よって、旅行カバンに着替えを入れておこうと思いました。

毎日を精一杯生きる

大阪北部地震を経験した時、死ぬと思いました。

その時に思ったんです。

「いつ死ぬか分からない」

って。幸い、命を落とす事はありませんでしたが、運が良かっただけ。

もし死んでいたら、後悔しただろうなって思います。

毎日を精一杯生きて悔いのないような人生にしたいと思うようになりました。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

大阪北部地震は、あくまで余震で本震が来るって言われています。

専門家でも意見が分かれています。

個人的には余震がかなりマシになったので、このまま収束することを祈っています。

それではまた!