【レビュー】ロジクール K480を3日使ってみた感想

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

ロジクール K480を購入して3日が経過したのでレビューしたいと思います。

なお、今回のレビューはiPhoneやiPadでロジクール K480を使ってみてのレビューです。

スタンドが便利

ロジクール K480には上部にスタンドが備わっています。

iPhoneやiPadに分厚いケースを装着している場合は、スタンドに立て掛けることが出来ないのが難点です。

僕の場合は、iPhoneは薄手のケース、iPadはケースを付けていないのでスタンドに立て掛けることが出来ます。

ロジクール K480のスタンドは便利で、スタンドを用意する必要はありません。

なお、スタンドは100円ショップで買う事が出来るので、ロジクール K480のスタンドが不要だと思う場合は、他のキーボードを使う事をオススメします。

何故かと言うと、ロジクール K480の重さは約800gもあります。

持ち運びに、やや難ありなのです。

よって、持ち運びを想定しているなら、ロジクール K480はオススメ出来ません。

ファンクションキーが便利

ロジクール K480にはファンクションキーが備わっています。

iPhoneやiPadで使用する場合、

  • 音楽の再生や停止
  • 音量調整

などがファンクションキーで出来ます。

上記の操作の度に、iPhoneやiPadを手に取らなくても良いので便利です。

言語切替が便利

ロジクール K480には「英数」「かな」キーが備わっています。

英語で打ちたい場合は、「英数」、日本語で打ちたい場合は、「かな」キーを押すことで簡単に英語と日本語を切り替える事が出来ます。

ロジクール K380と比較して

僕はロジクール K480とロジクール K380を持っています。

どちらが良いのかと言うと、使用するシーンに応じて使い分ける事をオススメします。

自宅ではロジクール K480、出先ではロジクール K380を使うという形が良いかと思います。

ロジクール K480は上でも書いたように約800gもあります。

持ち運び出来なくはないですが、少しでも軽い方が良いという場合は、ロジクール K480の約半分の重さのロジクール K380をオススメします。

しかし、どちらか1つを選ぶならロジクール K380をオススメします。

何故かと言うと、上でも書いたようにロジクール K380はロジクール K480に比べて薄くて軽いです。

よって、持ち運びも考えるなら、僕的にはロジクール K380をオススメします。

ただ、ロジクール K380を使う場合は、スタンドが必要。

でも、スタンドは100円ショップに売っていますので、それを使えばOK。

総合的に見るとロジクール K380が良いのかなという印象は持っています。

押し心地やキーピッチなど

ロジクール K480押し心地は軽くて深いです。

よって、キーを割と押し込まないといけません。

個人的には好きな押し心地ですが、軽いタッチの方が良い方はロジクール K380をオススメします。

キーピッチは問題ありません。広いので打ちやすいと思います。

挙動不審になることがない

ロジクール K380の場合、iPhoneやiPadと接続直後はキーが暴走します。

削除キーを押すと、意図していないところまで削除されてしまいます。

ところが、ロジクール K480の場合は、接続直後でもそのような事は起きません。

接続の安定性で言えば、ロジクール K480の方が良いですね。

ロジクール K480の総合評価

それでは、ロジクール K480を5段階で総合評価をしたいと思います。

機能性 ★★★★★
打鍵感 ★★★★★
打鍵音 ★★★☆☆
持ち運び ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
接続の安定性 ★★★★★

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ロジクール K480は、低価格帯のキーボードとしては十分使えるキーボードだと思います。

何より、有名なロジクール製ですし、安心して使えるかと思います。

ロジクール K480は、コスパの高いキーボード。

店頭にデモ機として置いてある場合があるので、出来れば試し打ちしてから購入しましょう。