スタンディングの効果は!?スタンディングデスクを自作して作業をしてみよう

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

僕は、1ヶ月ほどスタンディングで作業しています。

1日中座っていると体に良くないと言われていて、たまにはスタンディングで作業する方が良いです。

今日はスタンディングデスクの自作方法やスタンディングの効果などについて書いていきたいと思います。

スタンディングデスクを自作する

まずは、スタンディングデスクを用意しないといけません。

スタンディングデスクはAmazonで沢山販売されていますが、スタンディングデスクは自作が出来ます。

とても簡単で、作業デスクの上にダンボールを積み上げるだけ。

ひじが90度近くなるようにするとPC作業などが捗ります。

スタンディングのメリット

スタンディングのメリットは、正直なところあまりないかと思います。

ネットでは集中力が増して健康的であると言われています。

スタンディングで作業してまだ1ヶ月なので健康的であるかどうかは分かりません。

ただ、集中力が増すのは間違いないと思います。

あくまで実感レベルですが、座っている時より集中して作業が出来ているかと思います。

スタンディングデスクで作業すると疲れるので工夫する

スタンディングデスクで作業をし続けると、1日中スタンディングで作業しないといけないと勘違いされる方がおられるかもしれません。

もちろん、1日中スタンディングで作業するのが理想ですが、とても疲れます。

そこで、僕の場合は「ポモドーロテクニック」を使います。

ポモドーロテクニックは25分作業したら5分の休みを繰り返すだけ。

スマホなどのタイマーを使って正確に計測します。

ポモドーロテクニックもスタンディングと同じように集中力が増すと言われています。

スタンディングで25分作業したら、5分の休憩で座る・・・

僕はそうしています。スタンディングは足腰が疲れます。

よって、適度な休憩を取ると良いです。

それに、作業と休憩をキッチリ分けることでメリハリが出て効率良く作業が出来ます。

スタンディングのデメリット

スタンディングは、当然デメリットがあります。

それは、上で書いたように足腰が疲れます。

スタンディングで作業をし始めると、最初の3日間は足腰が痛くなります。

よって、ここでスタンディングで作業するのをやめてしまうのですが、3日を超えてくると足腰の痛みが緩和されます。

そして、スタンディングで作業しても足腰の痛みが無くなります。

まずは、3日間続けてみる事をオススメします。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

スタンディングはポモドーロテクニックと併用すれば、効果があるかと思います。

スタンディングを導入している企業が国内外問わず沢山あります。

よって、皆様がお勤めになっている会社でスタンディングが採用されるかも知れませんね。

それではまた!