iPhoneで使うキーボードは、ロジクール K380とK480のどちらが良いのかというお話

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

ロジクール K380とK480を持っている僕がどちらが良いか書いていきたいと思います。

持ち運びはロジクール K380

K480は約800gありますが、ロジクール K380は423gです。

ロジクール K380はK480の約半分の重さとなっています。

よって、持ち運びを考えるとロジクール K380に軍配が上がります。

打鍵感はロジクール K480

あくまで僕の感想ですが、ロジクール K380よりK480の方が打鍵感は良いと思います。

短文はもちろん、長文でも快適に文字打ちすることが出来ます。

ちょうど良い打鍵感が気に入っています。

使い勝手はロジクール K480

ロジクール K480にはスタンドが備わっていますので、別途スタンドを用意する必要はありません。

ロジクール K380の場合は、何らかのスタンドを用意する必要があります。

ロジクール K380とK480は複数の端末を接続することが可能

ロジクール K380とK480は複数の端末を登録することができます。

例えば、

  1. iPhone
  2. iPad mini2
  3. iPad Pro

登録した場合、番号を指定すれば即座にその端末と接続。

例えば、iPhoneと接続していて、2のiPad mini2に変更した場合、iPhoneとの接続は切れてiPad mini2と接続されます。

接続する端末の変更はロジクール K380でもK480でも可能です。

打鍵音はロジクール K380の方が静か

K480はそこそこ打鍵音が高いです。それに比べてロジクール K380は静かです。

静かな環境で使うのであれば、K480よりK380の方が良いかと思います。

総合的に見て・・・

あくまで僕個人の感想ですが、僕的にはK480をおすすめします。

上で書いたようにK480は約800gありますが、ノートパソコンに比べれば軽いかと思います。

スタンド内蔵で打鍵感も悪くない・・・

なのでロジクール K480をおすすめします。

注意点

iPhoneにケースを取り付けている場合、ケースによっては、ロジクール K480のスタンドに入らない場合があります。ここだけ注意!

ロジクール K380が悪いということではない

ロジクール K380とK480は似たような金額で販売されています。

注目する点は、ズバリ持ち運びするかどうかって事ですね。

持ち運びを最重要にするなら迷わずロジクール K380。

据え置きで使うならスタンドを備えたロジクール K480。

僕の場合は、重さを考慮してもロジクール K480がベストだと思っています。

何より、打鍵感が気に入っています。

よって、ロジクール K480をメインに使っていきたいと思っています。

重いですが、頑張って持ち運びします(笑)

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ロジクールのキーボードは品質が高くて気に入っています。

僕はAppleとSONYの信者ですが、キーボードだけはロジクール信者です(笑)

現在、ロジクール K380、もしくはK480にするか迷っている方は参考にして頂ければと思います。