【レビュー】ロジクール K480をiPhoneで使ってみた感想

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

キーボードが大好きな僕ですが、前から Amazon で気になっていたロジクール K480を買いました。

ロジクール K480は低価格で販売されているキーボード。

ざっと使ってみた感じ、iPhoneとの相性は良いかと思います。

それではロジクール K480のレビューをしていきたいと思います。

ロジクール K480の開封の儀

早く使いたい気持ちが先行して、写真も撮らずに開封してしまいました(笑)

内容物を確認すると、本体の他に保証書が入っていました。

説明書的なものはないですが、まぁ、説明書が無くても簡単に操作できると思います。

なお、説明書が欲しい場合は公式サイトにあります。

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/manuals/k480-immersion-guide

ロジクール K480の操作方法が分からない場合は確認して下さい。

ペアリング

ペアリングの方法は簡単です。

キーボード左上のダイヤルを番号に合わせ、キーボード右上の「i」を長押し。

すると、青色ランプが点滅します。

そのあと、iPhoneでBluetooth機器を設定する為の操作をします。

具体的には、ホーム画面にある「設定アイコン」>「Bluetooth」の順に進みます。

すると、ロジクール K480、もしくはkeyboardと表示されますのでそれをタップすればOK。

これでiPhoneとロジクール K480がBluetoothで接続されます。

複数の端末を登録出来て便利

ダイヤルのそばには、「1」「2」「3」と印字されています。

番号ごとに端末を登録できるんです。

例えば、

  1. iPhone
  2. iPad mini2
  3. iPad Pro

と登録しているとします。

ダイヤルを1に合わせるとiPhoneになります。

ダイヤルを2に合わすと、iPhoneとの接続は解除されiPad mini2と接続されます。

ダイヤルを回すだけで端末を切り替えることが出来るのは便利だと思います。

打鍵感

打鍵感は悪くないです。押し心地は結構深いです。

キーを強く叩き叩きたい方に適しています。

また、キーピッチが広いので打ちやすいと思います。

打鍵音

打鍵音は割と高め。カチカチとした音が鳴ります。

静かな環境では気が引けるかも知れません。

iPhoneを縦向きでスタンドに置くと倒れる

ロジクール K480にはスタンドが搭載されています。

僕はiPhone7を使っています。

で、ロジクール K480のスタントに縦向きでiPhoneを置き、文字打ちをしているとiPhoneが倒れることがあります。

恐らく、キーを打つ振動がスタンドに立てかけているiPhoneに伝わりこけるのだと思います。

ロジクール K480を小1時間ほど使用していますが2度ほどiPhoneが倒れました。

iPhone7 PlusやiPhone8 Plusで使うと、ひょっとすると倒れる頻度が高いかも知れません。

なお、横向きだと全然問題ありません。

とても安定しています。

ただ、僕はiPhoneにケースを装着していません。

iPhoneは、ツルツルとしているので安定感に欠けるかも知れません。

よって、iPhoneにケースを装着してロジクール K480のスタンドに立てかけています。

今のところは安定しています。

ロジクール K480の総合評価

ロジクール K480を5段階で評価をしたいと思います。

デザイン ★★★☆☆
使い勝手 ★★★★★
打鍵感 ★★★★★
打鍵音 ★★★☆☆
スタンドの安定性 ★★★☆☆

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ロジクール K480は店頭に置いてあることが多いので試し打ちをした方が良いかと思います。

僕は、様々なキーボードを使ってきましたが、ロジクール K480は5本の指に入るキーボードです。

個人的にはおすすめしたいですが、スタンドの安定性が問題ですね。

上でも書いたように、iPhoneにケースを装着したところ、iPhoneが倒れることはなくなりました。

iPhoneにケースを何も付けていない方は注意した方が良いかも知れません。

という事でロジクール K480が気になる方はチェックして下さいね。