【レビュー】iPad mini2でiOS11をインストールして数日。今更ながら現役で使えるか!?

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

iPad mini2にiOS11をインストールして数日が経過しました。

今日はレビューをしていきたいと思います。

iPad mini2は現役で使える

iPad mini2を使い始めて数年経っていますが、未だ現役で使えています。

iOS11をインストールしたことで、多少は動作がモッサリすることがありますが、ブログを書くくらいなら大丈夫です。

ただ、アプリを切り替えると、数秒間画面が真っ白になります。

ですが、固まることも無いですし、まぁ許せるレベルです。

iPad mini2を今更使う理由はあるのか!?

普段、iPhone7でモブログをしています。

体感的にはiPad mini2よりiPhone7の方が動作は機敏です。

よって、iPhone7の方がストレスは少ないですが、iPad mini2がiPhone7に勝つことがあります。

それは、iPad mini2の方が画面が大きいということ。

この点だけはiPad mini2が勝ちます。

iPhone7でモブログしている時は、今更iPad mini2なんて使う必要はないなんて思っていました。

しかし、今、まさにiPad mini2でこれを書いていますが、今更使うまでもないだろうってことは思わなくなりました。

これからも現役で使っていきたいと思っています。

ほとんどiPhone7でブログを書いていましたが、今後はiPad mini2でもブログを書いていきたいと思います。

動画を快適に観れる

普段、Amazon Prime Videoを観ているのですが、iOS11をインストールしても快適に観れています。

iPad mini2は動画を観る端末としても十分使えます。

また、iPhone7には出来ない芸当で、例えば、Amazon Prime Videoを観て いる時にブログを書きたいと思った場合、Amazon Prime Videoをピクチャ・イン・ピクチャで観ることが一応出来ます。

ただ、動作がかなりモッサリします。

個人的にはピクチャ・イン・ピクチャは使えないと思いました。

以前、所有していたiPad Pro 12.9インチはピクチャ・イン・ピクチャを利用しても動作がモッサリすることはありませんでした。

iPad Pro 12.9インチに比べて、スペックが遥かに低いiPad mini2にiPad Pro 12.9インチ並みの性能を要求するのは間違いですね。

Bluetoothキーボードが良い感じ

iPad mini2でブログを書く場合、Bluetoothキーボードを使っています。

もちろん、iOS11をインストールしても何ら問題なく使用することが出来ています。

これが中々良い感じで、ブログを書くのが快適になります。

iPhone7ではフリック入力を使っていましたが、Bluetoothキーボードの快適性に比べると劣りますね。

まぁ、1番良いのはiPhone7でBluetoothキーボードを使うのがベストだと思うのですが、iPhone7でBluetoothキーボードを使ってしまうと画面タッチが億劫になります。

僕にとって、iPhone7でBluetoothキーボードを使うのは向いていないと思っているのです。

何度も言いますが・・・

iPad mini4がある今、今更iPad mini2を使う理由はあるのか?

個人的にはあると思っています。

現役でiPad mini2を使っている僕としては、是非ともiPad mini2を使ってほしいと思っています。

iPad mini4に比べてスペックは大きく劣りますが、以下の使い道であれば現役で使えます。

  • ネット
  • ブログの執筆
  • 動画(YoutubeやAmazon Prime Videoなど)

上記の使い方をスマホで行なっている方がiPad mini2を使うと感動するかと思います。

iPad mini4に比べiPad mini2は中古で安く販売されています。

程度の良いiPad mini2を手に入れることが出来れば、快適に使用することが出来るでしょう。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

iPad mini2のスペックは良くないので、

「今更iPad mini2なんて・・・」

って思う方がおられるかもしれません。

しかし、iPad mini2はまだまだ現役で使えます。

iPad mini2を眠らせている方は、もう一度使ってみて下さい。

きっと、

「案外使えるな・・・」

って思うはずです。

実際、僕がそう思いましたから。

しばらくの間、iPad mini2でブログを書いていきたいと思います。

それではまた!