フリック入力は難しい?フリック入力にコツや両手フリックは出来るのか?

スポンサーリンク

こんにちは。モブロガーのかわんです。

フリック入力でモブログしています。モブロガーはフリック入力でモブログしないといけない。

キーボードは邪道です(笑)

フリック入力は単語を打つのは簡単ですが、文章となると誤入力を頻発します。

フリック入力にコツはあるのか?

僕は我流でフリック入力を一応マスターしています。上でも書いたように誤入力を頻発していますが(笑)

で、僕のフリック入力のコツはキーをチラ見しながら打っています。

でも、理想はキーを見ないで打つこと。

これは、フリック入力を続ければマスター出来るかと思っています。

両手フリックをしている

僕は両手フリックをしています。

左手の親指と右手の人差し指を使っています。片手フリックより両手フリックの方が文字入力は速いです。

フリック入力は両手フリックが当たり前。

ただ、片手フリックで素早く文字入力出来れば両手フリックを使う必要はないと思います。

予測変換を積極的に使う

フリック入力すると、予測変換が出てきます。

予測変換で目当てのものが出てきたらそれを選択するだけ。

これで、さらにフリック入力が速くなります。

フリック入力が苦手な場合

フリック入力が苦手な場合は、練習するしかないですね。根気よく練習しましょう。

フリック入力の練習アプリがあるので、それを使えばOK。

ただ、自分の言葉で練習するのがおすすめ。

例えば、ブログをしている方は記事を書きながら練習出来ます。

ブログ記事を書けてフリック入力の練習も出来る。一石二鳥ではないでしょうか?

フリック入力するならバンカーリングを使うのがおすすめ

僕はスマホを左手で持ちます。フリック入力しているとスマホを持つ左手が不安定になります。

で、上でも書いたように左手は親指を動かす訳ですが、スマホをしっかり持ちつつ親指を動かすと落としそうになります。

そこでおすすめするのがバンカーリング。

リングに中指を通しておけばスマホをガッチリと持つ必要がありません。

かなり安定します。両手フリックをするならバンカーリングが必須だと思います。

ただ、バンカーリングは少し価格が高いです。

でも、貼り直しが出来ますし吸着力が凄いのでスマホから外れることはないでしょう。

ただし、布地のカバーを使っていると、剥がれますのでスマホを素っ裸で使っている方しかバンカーリングを使うことが出来ないかも知れません。

以前、布地のカバーを付けた状態でバンカーリングを付けたことがあります。

するとバンカーリングが外れてしまいました。

よって、上でも書いたようにスマホを素っ裸で使っている方に最適だと思っています。

フリック入力はATOKがおすすめ

僕は、ATOKを使っています。価格が高いですがキーの滑りが良くて漢字変換能力が優秀。

標準のキーボードより使いやすいと思いますし、フリック入力をマスターしたい方はATOKがおすすめです。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

フリック入力は難しいですが、慣れるとスムーズに文字入力が出来ます。

モブロガーの方はもちろん、スマホで文字入力している方はフリック入力をマスターして下さい。

恐らくですが、1ヶ月くらいフリック入力の練習を続けると、ある程度はマスター出来るのではないでしょうか。

まずは片手フリックで練習してみて、それをマスターしたら両手フリックの練習をしてみましょう。

それではまた!