iPad Pro用のキーボードはロジクール K380がおすすめ。低価格キーボードだけど実用性は十分だ

f:id:Kawan0116:20180608123855j:plain

こんにちは。かわんです。

iPad Proでどんなキーボードを使っていますか!?

僕は様々なキーボードを使ってきましたが、現在はロジクール K380がお気に入りです。

今日は、なぜお気に入りなのか書いてみたいと思います。

ロジクール K380は低価格

まずは低価格であるということ。Amazonで格安で販売されています。

キーボードにお金をかけたくない方におすすめです。

ロジクール K380は電池持ちが良い

ロジクール K380の電池持ちは物凄く良いです。

電池残量のことなんか気にしなくて良いです。

電池式なので、電池が無くなったらコンビニなどに買いにいけば良いだけ。

とてもお手軽です。

ロジクール K380はファンクションキーが便利

f:id:Kawan0116:20180608123930j:plain

キーボード上部にファンクションキーがあって、音楽の再生や停止、音量調整などが出来ます。

iPad ProとBluetoothスピーカーを繋いでいる場合、キーボードで音楽の操作をすることが出来ます。

ロジクール K380は程良い打鍵感

個人的な感想ですが、程良い打鍵感だと思っています。浅過ぎず深過ぎずといった感じです。キーを押した時、とても軽いので軽やかに文字を打つことが出来ます。

ロジクール K380は静かな打鍵音

完全静音ではないですが、それでも打鍵音は静かだと思います。賑やかなファミレスやカフェ、マクドナルドで使っても問題ないでしょう。

ロジクール K380はキーピッチが広くて窮屈ではない

キーピッチが広いの窮屈ではありません。上で書いた程良い打鍵感と広めのキーピッチでテキスト作成がしやすいです。

長時間使用していても疲れることはないでしょう。

ロジクール K380は接続する端末を即座に切り替えることが出来る

f:id:Kawan0116:20180608124045j:plain

キーボード上部に黄色のボタンが3つあります。例えば、

  1. iPad Pro
  2. iPhone
  3. iPad mini

と登録しておけば、1のiPad ProからiPhoneに変更したい時は「2」を押せば即座に接続する端末を切替。

端末ごとにBluetoothキーボードを用意する必要はありません。

ロジクール K380は言語切替が簡単

f:id:Kawan0116:20180608124131j:plain

キーボード下部に「英数」「かな」キーがあって、言語切替が簡単です。

US配列のキーボードの場合、このようなキーがない事が多いです。

言語切替ボタンがあることにより、英語を打ちたいのに日本語になってしまった、逆も然りで打ち間違いを大幅に減らすことが出来ます。

まとめ

という事で、色々と書いてみました。

ロジクール K380はおすすめするキーボードの1つです。

iPad Pro用のキーボードをお探しの方はロジクール K380を検討して下さい。